梅雨になると吐き気がひどくなる!?その原因と対処法とは?


 

「梅雨になると、いつも吐き気がしてツラいんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

梅雨で雨の日が続くと本当にいろいろな症状が出てきますよね。

その一つに吐き気がありますね。

吐き気が続くと本当にツラいですよね。

「このツラい吐き気をなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?

 

そこで、ここでは梅雨に吐き気がする原因と対処法を紹介します。

 

doctor

梅雨に吐き気がする原因

 

梅雨に吐き気がするようになる主な原因は、自律神経の乱れです。

 

私たちの体は、朝に太陽を浴びることで目覚め、夜になると心身がリラックスするようにできています。

朝、太陽を浴びると心身が活発になり、それから約15時間後にリラックスする、と言われています。

これらのことをコントロールしているのが自律神経です。

 

しかし、雨が降っていると日差しが弱くなりますよね。

そうなると、心身を活発にしたりリラックスしたりすることができなくなるわけですね。

それで、心身を活発にしたりリラックスしたるする自律神経にも影響が出ますので、自律神経は乱れてしまうのです。

 

それで、自律神経は胃腸にも影響を及ぼします。

自律神経が乱れてしまうと胃腸の調子が悪くなるのです。

ですから、吐き気がするようになるのです。

 

梅雨に吐き気がするのを改善するには?

 

梅雨に吐き気がするのを抑えるには、自律神経の乱れを整えることが大切です。

 

自律神経の乱れを整えるには、朝に体を覚まし、夜はしっかり寝ることが大切です。

梅雨は朝に体が覚めにくくなりますし、夜は寝苦しくなるんですが、少しでもしっかりと寝て朝に体を覚ますようにしていれば、少しはマシになりますよ。

 

あと、梅雨に自律神経を整えて吐き気を改善するためのおススメの方法は以下の通りです。

 

 お風呂は湯船に浸かる

自律神経の乱れを整えるには体を温めることが大切です。

ですから、お風呂はシャワーで済ますのではなく、湯船にしっかりとつかるべきです。

半身浴をすれば、さらに効果的ですよ。

 

 朝食をしっかり食べる

朝食をしっかり食べて胃腸を動かせば、体が覚めます。

吐き気がして気持ち悪くても、無理のない範囲で食べたほうがいいですよ。

 

 なるべく朝は外に出る

雨が降っているとなかなか外に出ないと思いますが、それでも外に出れば、太陽の光を浴びることができますので、体を目覚めさせることができます。

光の強さは雨の日でも室内よりも外のほうが強いです。

ですから、雨が降っていても朝は外に出たほうがいいですよ。

 

梅雨は吐き気以外にもさまざまな体調不良を起こしますよね。

その原因のほとんどが、自律神経の乱れです。

ですから、梅雨の体調不良は自律神経の乱れを整えれば良くなることが多いですよ。

 

参考ページ:自律神経を整える食事!2つのポイントを押さえて毎日快調!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)