お酒を飲むと顔が赤くなる理由と赤くならないための対策!


 

「お酒を飲むと顔が赤くなるから恥ずかしくて…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

別に酔っぱらっているわけではないのにすぐに顔が赤くなるとちょっと恥ずかしいですよね。

ですから、なんとかしたいと思いませんか?

 

そこで、ここではお酒を飲むと顔が赤くなる原因と顔が赤くならないようにする方法を紹介します。

 

nomikai_happy

お酒を飲むと顔が赤くなる原因

 

お酒を飲むと血行が良くなるから顔が赤くなる、なんて以前はよく言われていましたよね。

ですから、顔がすぐに赤くなる人は健康的だとも言われていました。

 

実は、それは全くのウソだったんです!

お酒を飲んで顔が赤くなるのは血液の流れが良くなるからではありません。

アルコールを飲むと体内で分解されて無毒化されるんですが、その途中で一度アセトアルデヒドという毒性のある物質になるんです。

そのアセトアルデヒドのせいで、顔が赤くなってしまうんです。

 

それで、顔が赤くなるのは、アセトアルデヒドの分解能力が低いからなんです。

アセトアルデヒドはさらに分解されて酢酸になります。

酢酸は無毒ですので、顔が赤くなる原因にはなりません。

ただし、アセトアルデヒドの分解能力が低いと、いつまでも血液中にアセトアルデヒドが残ったままなので、顔が赤くなってしまうのです。

 

それで、アセトアルデヒドは毒性があるんですが、発がん性もある、と言われています。

つまり、アセトアルデヒドの分解能力が低い人がお酒を頻繁に飲むとがんになりやすくなる、という事なんです。

ですから、お酒を飲むと顔が赤くなるのであれば、注意が必要になりますね。

 

という事は、お酒を飲むと健康的だというのは真っ赤な嘘で、実は健康に悪い、ということになりますね。

 

それで、アセトアルデヒドの分解能力は遺伝で決ま、と言われています。

つまり、分解能力を高める食べ物や栄養素はありませんし、運動などをして高めることもできない、という事なんです。

 

アルコールは肝臓で分解されますが、肝臓の働きを助ける栄養素を摂ると多少はマシになる、という説があります。

しじみなどに含まれるオルニチン、タコやイカなどに含まれるタウリンなどが肝臓の働きを助ける栄養素ですね。

ただ実際のところ、それらの栄養素を摂ってもほとんど変わらないです。

私の知人がオルニチンのサプリを飲んでからお酒を飲んだことがありましたが、全く変化しませんでした。

ですから、お酒を飲んで顔が赤くなるのを防ぐことはほとんどできない、ということになりますね。

肝臓の働きをサポートする栄養素は、アルコールを分解し続ける時間が長くなるので、二日酔い防止の効果は期待できるけど、アルコールの分解スピードは早くならないので、顔が赤くなるのを防ぐことはできない、という説が正しいのかな、と思います。

 

お酒を飲んでも顔が赤くならないための対策

 

お酒を飲んでも顔が赤くならないようにするには、アルコールの摂取量を減らすしか方法はありません

顔が赤くなる原因のアセトアルデヒドの分解能力を高くする方法は、今のところ分かっていないです。

ですから、アルコールの摂取量を減らして、アセトアルデヒドが発生する量を減らすしか方法はないのです。

ですから、顔が赤くならないようにするには、飲み方に注意をしてアルコールの摂取量を減らす必要があります。

 

アルコール摂取量を減らすための飲み方の例は以下の通りです。

・水を飲みながらお酒を飲む
・一度にたくさん飲むのではなく、チビチビ飲む
・アルコール度数が高くないものを飲む
・割る時は薄くなるようにする
・会話量を増やしてお酒の飲む量が減るようにする
・料理を食べるのを増やしてお酒の飲む量が減るようにする

 

ちなみに、お酒を飲む前にウコンや肝臓エキス入りの飲料を飲んだりしても、顔が赤くなるのをほとんど防ぐことはできないです。

また、牛乳を飲むと胃に幕が張るのでアルコールの吸収が遅くなるというのは、あり得ないという事が分かったそうです。

つまり、お酒を飲む前に牛乳を飲んでも、顔が赤くなるのを防ぐことはほとんどできないということになりますね。

牛乳を飲むと肝臓をいたわることはできますから、全くの無駄と言ったら言い過ぎなんですけどね。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)