春になると息苦しくなる!?その原因と対処法!知らないと損!


 

「春になると息苦しくなって、とってもツラくて…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

息苦しい状態が続くと、本当にツラいですよね。

「早くなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?

 

そこで、ここでは春になると息苦しくなる原因と対処法を紹介します。

 

doctor

春になると息苦しくなる原因

 

春になると、花粉症で鼻が詰まって息苦しくなることがありますね。

ここでは、そのような原因がはっきりしているものを除きます。

 

春になると息苦しくなる大きな原因は、自律神経の乱れです。

春は、日によって気温の差が大きくなったり、あるいは昼と夜の気温の差が大きくなりますよね。

そして、人によっては環境が大きく変わります(異動、入社etc)よね。

そういった事が原因で自律神経が乱れます。

 

気温差が大きくなることでなぜ自律神経が乱れるのか、別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考記事:春バテ対策~ツラい思いをしないために!

 

それで、呼吸は自律神経によってコントロールされています。

運動をしたり、あるいは興奮したりすると呼吸が荒くなりますよね。

それは、酸素が大量に必要になっているため、自律神経が作用して呼吸を荒くしているんです。

 

しかし、自律神経が乱れると、酸素が大量に必要にもかかわらず酸素を取り込むことができなくなります

呼吸が浅くなると、呼吸が荒くなっても酸素を取り込むことができませんよね。

また、体を動かしてないのにもかかわらず、興奮しているわけでもないのにもかかわらず、息苦しくなるのは、通常の呼吸で充分に酸素を取り込んでいないからです。

それで、酸素不足になるので、息苦しくなってしまうんです。

 

春に息苦しくなった時の対処法

 

息苦しくなったときは、まずは息を完全に吐き切ると楽になる事が多いです。

息苦しいからといって息を吸おうとしていると、浅い呼吸が続くので息苦しい状態が続きます。

しかし、呼吸を吐きだすことで新たに酸素を取り込むことができるようになります。

ですから、一度息を吐き切ったほうがいいですよ。

 

あと、自律神経が乱れていると、全身の筋肉が緊張しています。

それで、全身の筋肉をリラックスさせると、呼吸をするための機能(横隔膜など)がスムーズに働くようになるので、息苦しさが軽減されます。

軽く体を動かしたり、お風呂に入るなどして全身をリラックスすると、息苦しさが軽減されることが多いです。

 

ただ、これらの方法は一時的に息苦しいのを軽減するだけにすぎません。

それで、しばらくすると、またすぐに息苦しくなってしまいます。

 

一時的に息苦しいのを軽減することも大切ですが、それと同時に根本的な原因である自律神経の乱れを整えることも大切です。

 

春の自律神経の乱れを整える方法は別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考記事:春バテ対策~ツラい思いをしないために!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)