お酒やめられないけどメタボを解消したい!アレで解消できる?


 

「メタボを解消したいんだけど、どうしてもお酒をやめることができなくて…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

私も以前、お酒をやめたいと思った事がありますけど、なかなかやめることってできないですよね。

だから、メタボをなかなか解消できなくて悩んでしまいますよね。

 

「なんとかしてメタボを解消したい!」
と、あなたは思っていませんか?

そこで、ここではお酒をやめることはできないけどメタボを解消するためのポイントを紹介します。

はたしてお酒をやめなくてもメタボを解消することができるのでしょうか?

 

metabolic_man

お酒は飲んでも太らない?

 

お酒自体は太る原因にはならない、という事を聞いたことありませんか?

お酒を飲むと温かくなりますよね。

その時にカロリーを消費するんですが、お酒に含まれているカロリーはすべて使われるので太らない、というのがその理由です。

お酒で太るのは、おつまみなどをたくさん食べるから、と言われることがありますよね。

 

ただし、お酒を飲むと消費カロリーは増えますが、お酒が抜けたら消費カロリーはいつも以上に減ります。

お酒を飲むことによって増えた消費カロリー以上に、お酒が抜けてから消費カロリーが減るとされています。

という事は、お酒そのものが太る原因になる、ということになりますよね。

 

そしてもう一つ、お酒を飲むと肝臓に負担がかかりますよね。

ちなみに、肝臓はお酒を処理するだけではありません。

糖質や脂質を分解する働きもあります。

糖質や脂質は胃腸から消化吸収されたあと、肝臓で分解をされてからエネルギーなどに変わります。

それで、肝臓が悪くなると糖質や脂質を分解することができなくなります。

分解されない糖質や脂質は体脂肪に変えられ、体内にためられてしまうんです。

 

つまり、お酒を飲むことで肝臓が悪くなると、糖質や脂質が体脂肪に変わりやすくなるので太りやすくなる、ということになりますね。

 

お酒をやめずにメタボを解消することができるのか?

 

お酒を飲むと太る理由は、
・お酒を飲んだ後に抜けると消費カロリーが減る
・肝臓が悪くなる
の2つですね。

このうち、減った消費カロリーは運動をしたり食べる量を減らしたりして補う以外に方法はないでしょう。

 

あとは肝臓ですね。

まず、肝臓を温めると肝臓に血液が流れてくるので肝臓の機能が回復する、とされています。

肝臓の位置は下のイラストの通りです。

20130227162148(使用イラスト(c)フリーメディカルイラスト図鑑)

右側の脇の下あたりからお腹あたりまでになります。

このあたりを前と後ろの両側から蒸しタオルなどで5分~10分くらい温めるといい、とされています。

そして、あまり頻繁に温めると逆に肝臓が悪くなることがあるそうなので、3日に1回位にしておいたほうがいい、ということですよ。

 

そして、適度な運動をする事で血液の流れが良くなるので、肝臓に良いとされています。

消費カロリーを増やすためにも、肝臓を回復させるためにも、適度な運動をしたほうがいいですよ。

 

また、肝臓に良い食べ物を積極的に摂るようにするといいでしょう。

しじみ、レバー、牡蠣、たこ、いか、ブロッコリーやかぼちゃなどの緑黄色野菜などは肝臓に良いとされていますよね。

そういった食べ物を積極的に食べるといいでしょう。

 

こういったことを心がけて肝臓をいたわることで、メタボを少しでも改善することができるでしょう。

 

ちなみに、私は以前、健康診断で脂肪肝と診断されたことがあります。

それで、主に食事に気を付けることで、肝臓の数値を正常にすることができました。

肝臓の調子を良くする食事のポイントは別のページで紹介しています。

そちらを参考にしてください。

 

 脂肪肝の原因は野菜不足!?

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)