車通勤は血圧が高くなる!?その原因と対処法!アレで血圧が…!?


 

通勤手段と生活習慣病のリスクについて、カナダのマクギル大学やイギリスのロンドン大学などの研究チームなどいくつかの研究チームが発表しています。

それらの研究結果は、どれもほぼ同じような内容になっています。

徒歩通勤が生活習慣病のリスクが一番低く、その次に自転車、そして公共交通機関(電車・バスなど)での通勤、そして、生活習慣病のリスクが一番高いのが車通勤、という結果になっているんです。

血圧に関しても同じ結果で、車通勤が最も高血圧になるリスクが高いという結果になっています。

 

果たして車通勤はそんなにも高血圧のリスクが高くなるのでしょうか?

また、血圧が高くなるのを防ぐことはできないのでしょうか?

 

car_green

車通勤だと血圧が高くなるのはなぜ?

 

車通勤だと血圧が高くなる理由についての分析結果をまとめると、

・歩く距離が一番短い
・渋滞などストレスを感じることが一番多い

ということになります。

 

確かに車通勤は徒歩や自転車の通勤と比べると運動量が少ないのは明らかですよね。

また、電車やバスでの通勤の場合も、自宅から駅やバス停までと、駅やバス停から職場まで数分は歩く人が多いと思いますので、車通勤と比べると歩く距離が長くなる傾向はありますよね。

車は家の近くに止めてあることが多いと思いますし、職場の駐車場も近くのことが多いと思いますので、歩く量はどうしても少なくなりますよね。

 

また、車を運転しているときはイライラすることが多いですが、徒歩や自転車はそんなにもイライラすることはないですよね。

また、バスや電車はイライラすることがありますが、車を運転している時のイライラと比べると小さいかな、という気はしますよね。

 

ただ、満員電車で通勤する場合、圧迫されることが多いと思いますが、これは不健康だと思うんですけどね。

どれだけ不健康なのか、調査結果などを探したんですが見つからなかったので、どれだけ不健康なのかわからないですけどね。

30分、1時間圧迫され続けてもそれほどの悪影響はないかもしれないので、なんとも言えないんですけどね。

どれだけ混んでいる電車で調査をしたのか明らかにされてないので、ぎゅうぎゅうの電車で通勤している場合、どれだけ不健康なのか分からないです。

 

ただ、車通勤だと運動量が少なるなる傾向があり、イライラすることが多いので、血圧が上がりやすいという事は言えるのではないかと思います。

 

車通勤の高血圧対策

 

血圧が高くならないようにするには、車通勤から自転車や電車・バスなどの通勤に変えたほうがいいのは言うまでもないでしょう。

車通勤と比べて満員電車での通勤が高血圧のリスクが下がるかどうかは、はっきりしないところはあるんですけどね。

 

ただ、距離があるけど公共交通機関がない、あるいは不便な場合など、車でないと通勤できないと思います。

では車以外で通勤できない場合は、血圧が高くならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

車通勤が血圧が高くなりがちな理由は、運動量が少ない事とイライラしやすいことの2つです。

この2つを解消すればいいということになりますよね。

 

それで、まずは適度な運動をしっかりとするようにするといいでしょう。

1日30分ウォーキングするだけで高血圧のリスクがかなり下がると言われています。

逆に無理な運動をすると病気のリスクが高くなるとも言われています。

無理のない程度に運動をするといいでしょう。

 

また、車の運転中はイライラしないように工夫をするといいでしょう。

リラックスする音楽を聴いたり、リラックスする香りの芳香剤を置いたり、イライラしたら深い呼吸をしたり、ミントガムを噛んだりするなどすれば、ある程度はイライラを抑えることができます。

また、運転が終わったら大きく深呼吸をすると、すぐにイライラを抑えることができますよ。

 

関連記事:野菜不足が原因で高血圧に!?アレで簡単に野菜不足解消!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)