野菜不足が体に及ぼす悪影響!実はこんなに恐ろしかった!?


 

野菜不足は体に良くないんだろうなぁ、という事は、ほとんどの人が思っているのではないかと思います。

ただ、実際には思っている以上に悪影響があるんですよ。

野菜不足は相当ヤバいんですよ!

 

そこで、ここでは野菜不足が及ぼす悪影響についてまとめます。

 

medical_eiyoushi

野菜不足はかなりヤバい!?体に及ぼす悪影響とは?

 

野菜不足が体に及ぼす悪影響は以下の通りです。

 

 病気になりやすい

野菜不足になると病気になりやすくなる、というのは言うまでもないと思います。

免疫力低下によって風邪、インフルエンザ、ウイルス性胃腸炎(ノロなど)、などになりやすくなりますよね。

また、免疫力低下によってがんになりやすくもなります。

そして、食物繊維不足で血液中の脂質が増えがちなので、高血圧などの生活習慣病になりやすくなります。

すると、脳梗塞や心筋梗塞になりやすくなり、突然死のリスクが高くなりますね。

また、食物繊維不足だと糖質の吸収スピードが早くなるので、糖尿病にもなりやすくなります。

また、食物繊維不足だと便秘になりやすくなりますよね。

そして、血液中の脂質が増えると血液の流れが悪くなりますが、そのことによって肩こり、腰痛、首のこりなどが発生しやすくなります。

貧血にもなりやすくなりますが、それによってめまいなどを引き起こすことがありますね。

野菜不足によってなりやすい病気は挙げればきりがないですが、ありとあらゆる病気になりやすくなります。

 

 

 太りやすくなる

野菜不足によって血液の流れが悪くなると、脂肪を燃やすのに必要な酸素や栄養を送ることができなくなります。

すると、脂肪が燃えにくくなるので太りやすくなります。

また、便秘になると代謝が下がるので太りやすくなります。

肥満になると、生活習慣病になりやすくなりますね。

 

 肌に悪影響(肌荒れ)

野菜不足だと肌に悪影響を及ぼします。

ほとんどの野菜には活性酸素を取り除く成分(βカロテン、ビタミンC、ビタミンEなど)が含まれています。

それで、野菜不足になると老化の原因とされている活性酸素が増えますので、肌の老化が進みます。

それで、肌荒れ、シミ、しわ、乾燥など、ありとあらゆる肌の悪い症状が起こりやすくなります。

また、野菜不足だと食物繊維不足になるので便秘になりやすく、それが肌に悪影響を及ぼすことにもなります。

 

 におい(体臭、口臭、加齢臭など)がひどくなる

口臭の原因は口の中の菌(歯周病菌、虫歯菌など)が原因であることが多いです。

それで、野菜不足だと免疫力が低下してしまい、菌を退治できなくなるので、口の中に菌が増えて口臭がしやすくなります。

また、野菜不足だと活性酸素が増えがちですが、それが加齢臭の原因となります。

そして、腸の調子が悪くなると、体臭、口臭、加齢臭などがひどくなりがちです。

 

 自律神経の乱れによりさまざまな症状が出る

野菜不足だと各種ビタミンが不足しがちですが、そうなると自律神経が乱れやすくなります。

ビタミンB群には神経を正常にする働きがあります。

また、ビタミンCにはストレスに対抗して体を守る働きがあります。

これら以外にも各種ビタミンには自律神経を整える働きをするものが多いです。

ですから、野菜不足だと各種ビタミンが不足しがちなので、自律神経が乱れやすくなるのです。

そうなると、精神的に不安定になったり、うつ病になったり、眠れなくなったり、胃腸が弱くなったり、多汗症になったり、ありとあらゆる症状を引き起こしやすくなります。

 

野菜不足は本当にありとあらゆる悪影響を体に及ぼします。

ですから、野菜不足はできる限り補うことが大切です。

 

野菜不足解消については別のページで紹介しました。

一人暮らしのかた向けに書いた記事ですが、家族と一緒に暮らしていようとすべての人に当てはまることになります。

参考にしてください。

 野菜不足は野菜ジュースで解消できるのか?

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)