断食で高血圧を改善できるってホント?知らないと損する高血圧対策!


 

数年前から断食が話題になっていますね。

一時期に比べるとテレビなどで扱われなくなったと思いますが、それでも断食をする人はまだまだたくさんいますよね。

それで、断食はダイエットだけではなく健康にも非常に良い、と言われています。

そして、血圧を下げる効果も期待できる、という事なんです。

 

そこで、ここでは断食をする事で本当に血圧が下がるのか、あるいはデメリットはないのか、紹介します。

 

a0001_014018

断食の血圧を下げる効果

 

高血圧の人が断食をしたら血圧が下がった、というデータはあります。

しかし、医学的根拠ははっきりとはしていません。

ただ、断食の血圧を下げる効果についてはいくつか考えられていることがあります。

その主なものは以下の3つです。

 

 腸を休ませることができる

腸は基本的に365日休むことなく働き続けていますよね。

ただ、断食をする事で腸を休ませることができますので調子が良くなります。

腸は体内のあらゆるところに影響を及ぼしますが、調子が良くなることで血圧にも良い影響を与えるのではないか、と考えることができます。

腸内をデトックスすることで血液がキレイになり、それが血圧を下げる1つの要因になるのではないか、など色々なことが考えられます。

 

 脂肪を減らすことができる

断食中は食べ物を口にしませんので、エネルギー不足になりますよね。

そうなると、体脂肪や血液中の脂肪をエネルギーに変えますので、脂肪が減りますよね。

血液中の脂肪(コレステロール・中性脂肪)が多いと血圧が高くなりますが、脂肪が少なくなるので血圧は下がるのではないか、と考えられています。

 

 免疫力が強くなる

断食をすると免疫力が強くなる、と言われています。

断食をすると体が危機を感じるので、免疫力を強化するのだとか。

腸の調子がよくなっても免疫力は強くなりますけどね。

それが血圧を下げることにもつながっているのではないか、と考えられています。

 

実際に断食をしてみたら血圧は下がった?

 

さて、私は1日断食をしたことがあります。

その時に感じたことを率直に紹介します。

 

断食をすると確かに血圧は下がったと思います。

断食をする前の朝の血圧が、上が136mmHgでした。

それが、断食を終えた翌朝に測ったら、上が128mmHgでした。

断食をしなくてもこれくらいの差は出ることがありますので、断食のおかげで血圧が下がったのかよくわかりません。

ただ、数字が下がったのは確かです。

ちなみに体重は0.6kg減りました。

 

しかし、体重は1日ですぐに戻ってしまいました。

また、その後1週間血圧を測りましたが、130mmHg~140mmHgの間でしたね。

 

という事は、断食をしたことによって血圧が下がったかもしれませんが、すぐに元に戻ってしまった、ということになりますね。

1日断食はかなりツラかったです。

私は酵素ドリンクを飲みながらの断食でしたが、お腹が空いてイライラすることもありました。

かなりツラかったのに、たった1日で血圧から何からすべてが元通りになるなんて…なんだかむなしかったですね。

 

私の父は高血圧の治療を続けていますが、私が断食をした時は68歳でした。

ちなみに私は39歳だったんですが、高齢で高血圧治療をしている父に断食をさせたらなにか悪いことが起こるかもしれない、なんて思ってしまいました。

それだけツラかったんですよ。

という事で、私は父に断食をすすめませんでした。

 

私は断食をすすめませんが、もしするなら断食の専門家の指導の下行ったほうがいいと思います。

また、病院で治療をしている場合は、医師に相談したほうがいいでしょう。

 

ちなみに、私は青汁を飲み続けたことで血圧を下げることができました。

父は青汁を飲んでいますが、それ以外にも血圧に効果があるというドリンクも飲んでいます。

そのおかげで血圧がかなり下がっているですよ。

以前は上が190mmHg位だったんですが、今は上が140mmHg前後なんですよ。

 

私は血圧以外にも様々な効果を実感できたんですが、青汁を飲み続けたことで実感できた効果については別のサイトにまとめてあります。

参考にしてください。

参考サイト:青汁を1年間飲み続けて実感した効果!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)