どくだみ茶を飲んだらお腹が痛くなった!その原因と対処法は?


 

「健康のためにどくだみ茶を飲んだら、お腹が痛くなって…!?」

どくだみ茶は健康に良いという事で、多くの人が飲んでいますよね。

しかし、どんなに健康的なものであっても、人によっては体調を崩すことがあります。

それで、どくだみ茶を飲んだらお腹が痛くなった、という人は多いですよね。

 

そこで、ここではどくだみ茶を飲むと腹痛がする原因と対処法を紹介します。

 

a1640_000380

どくだみ茶を飲むと腹痛がする原因

 

どくだみ茶を飲むとおなかが痛くなる最大の原因は、クエルシトリンという成分が含まれているからです。

クエルシトリンはポリフェノールの一種ですが、緩下作用(腸の動きを活発にする作用)があります。

ですから、弛緩性便秘(腸の働きが鈍いことが原因の便秘)を改善するのに効果的なんです。

しかし、元々お腹がゆるい場合、緩下作用によってさらにお腹がゆるくなりがちです

ですから、お腹が痛くなったり下痢がひどくなったりするわけですね。

 

また、どくだみ茶を飲み過ぎたり、濃くし過ぎたりるとクエルシトリンの緩下作用が強くなりすぎて、お腹が痛くなることもあります

 

どくだみ茶を飲むと複数がする時の対処法

 

どくだみ茶を飲んでおなかが痛くなった場合、まずはどくだみ茶の飲む量を減らしたり、あるいは薄くしたりしてみるといいです。

そうすると、緩下作用が弱くなって腹痛を解消することができることがあります。

 

それでもおなかが痛い状態が続くのであれば、飲まないほうがいいでしょう。

 

どくだみ茶を飲み続ければ、体がクエルシトリンに慣れておなかが痛くなくなることもあり得るんですが、そこまで無理してどくだみ茶を飲む必要もないと思います。

 

そして、どくだみ茶を飲んでおなかが痛くなるという事は、元々お腹がゆるい可能性が高いです。

ですから、まずはお腹がゆるいのを改善したほうがいいでしょう。

 

お腹がゆるくなる原因はいろいろあります。

ストレス、食生活、生活リズムの乱れなど、本当にさまざまです。

それらを見直すことで、お腹がゆるいのが改善されることが多いですよ。

 

また、どくだみ茶の代わりに健康的なものを飲みたいという事であれば、「青汁」がおススメです。

普段から野菜はしっかりと摂っているという自信があるなら、青汁を飲んでも何の効果も実感できないと思います。

ただ、多くの人が野菜不足ですから、青汁で健康効果を実感することができるでしょう

 

ただ、青汁に含まれる食物繊維には緩下作用がありますが、どくだみ茶に含まれるクエルシトリンと比べたら、その作用は弱いと言われています。

また、青汁を適量飲んでおなかがゆるいのが良くなった、という話は聞いたことがありますが、お腹が痛くなったという話は聞いたことがありません。

飲み過ぎるとおなかが痛くなることがあるそうですが、適量(通常は1日1杯)飲んでいればお腹が痛くなることはないと考えられます。

ただ、青汁を飲んでおなかが痛くなったり、体調が悪くなったら、すぐに飲むのをやめるべきですけどね。

 

青汁でおススメなのは、サンスター「粉末青汁」です。

01syukusyo

なんと、5種類もの野菜(ケール、大麦若葉、明日葉、ブロッコリー、モロヘイヤ)から作られた青汁なんですよ。

ですから、豊富な栄養素をバランスよく摂る事ができるので、非常に健康的です。

私も飲み続けていますが、健康的な毎日を過ごしていますよ。

私が青汁を飲み続けた体験談は、別のサイトにまとめてあります。

そちらを参考にしてください。

 青汁を飲みつづけたらどうなった?実録体験談を公開!

 





 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)