便秘だとコレステロール値が高くなる!?知らないと損する健康法!


 

健康診断で悪玉コレステロール値が高い、と指摘されて悩んでいる人は多いですよね。

悪玉コレステロール値が高い状態が続くと、動脈硬化、高血圧から、狭心症、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こしやすくなります。

ですから、そうなる前になんとかすべきです。

 

それで、悪玉コレステロール値が高い原因はいろいろありますが、その一つに便秘があります。

コレステロールを含む食品を大幅に減らしたとしても、便秘だとコレステロール値はほとんど下がらないんです。

あなたは
「えっ!便秘だとコレステロール値が高くなるの?」
と、驚きませんでしたか?

 

そこで、ここではなぜ便秘だとコレステロール値が高くなるのか、紹介します。

 

doctor

便秘だと悪玉コレステロール値が高くなるのはなぜ?

 

血液中のコレステロールは肝臓によって胆汁酸に変えられます。

そして、胆汁酸は十二指腸に分泌され腸を通って、便と一緒に体外に排出されます。

 

しかし、便秘になると胆汁酸を体外に排出できなくなりますよね。

そうなると、十二指腸に胆汁酸が分泌されなくなり、肝臓付近に胆汁酸が残った状態になるので、コレステロールから胆汁酸が作られなくなります

ということは、血液中のコレステロールが減らない、ということになりますよね。

ですから、便秘だと悪玉コレステロール値が高いまま、ということになります。

 

実際に私はずっと悪玉コレステロール値が高かったんですが、その時は便秘気味だったんです。

しかし、お通じがよくなってから悪玉コレステロール値が下がりましたよ。

1年で悪玉コレステロール値が136mg/DLから122mg/DLまで下がりましたよ。

 

私はこの時、健康食品を摂るようになったり(詳しくは後ほど)、肥満を解消したりしたので、悪玉コレステロール値が下がった理由が便秘解消だけではないと思います。

ただ、便秘を解消したことも悪玉コレステロール値が下がった理由の1つだと思います。

 

便秘が原因で悪玉コレステロール値が高いのを改善するには?

 

コレステロールを下げる方法はいろいろなことが言われていますよね。

適度な運動をすると良い、青魚、ブロッコリー、卵黄、大豆などを食べると良い、充分な睡眠を取ると良い、などなどいろいろなことが言われています。

これらのことをする事で、ある程度はコレステロール値が下がることもあるでしょう。

 

しかし、コレステロールが高い原因である便秘を解消しない事には、根本的にコレステロールを下げることはできませんよね。

ですから、便秘が原因でコレステロール値が高いのであれば、便秘を解消する必要がありますよ。

 

といっても、
「便秘解消のためにいろいろ頑張ってるのに、なかなか解消できないんだけど…!?」
と、悩んでいませんか?

便秘だとおなかが痛くなったりして、ツラいですよね。

ですから、なんとしてでも解消したいと思って、いろいろ頑張ってはいるものの、なかなか良くはならないですよね。

 

そんなあなたに、私が便秘を解消しコレステロール値を下げた方法を紹介します。

それは、青汁を飲み続けたんです。

青汁を1年間飲み続けたら、便秘を解消できコレステロール値を下げることができましたよ。

肥満も解消できたんですけどね。

 

私が青汁を飲み続けたらどうなったのか、別のサイトにまとめました。

是非そちらを参考にしてください。

 青汁を飲みつづけたらどうなった?実録体験談を公開!

 





 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)