白髪が治る食事とは?食事を変えると白髪が黒髪になるってホント?


 

「白髪が増えたんだけど、なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

私は30歳から白髪が増えましたが、その時は本当にショックでしたね。

20代の時も時々白髪が生えていましたが、多くても2~3本でしたので、抜いていましたけどね。

それが、30歳になってから抜くことができないくらい本数が多くなってしまい、落ち込んだことがあります。

 

しかし、食事を見直すことでかなり白髪が減ってきました。

このままいけば、白髪がなくなるかなぁ、なんて思ったりしてるんですけどね。

 

そこで、ここでは白髪が治る食事について紹介します。

 

shiraga_woman

白髪ができる原因とは?

 

まずは白髪ができる原因を簡単に紹介します。

 

髪の毛が黒いのは、メラニン色素です。

そのメラニン色素を作っているメラノサイトと呼ばれる細胞が毛根のところにあるんですが、その細胞が機能しなくなってメラニンを作ることができなくなるので白髪になります。

 

それで、メラノサイトが機能しなくなる大きな原因は、活性酸素だと言われています。

活性酸素とは細胞などの老化の大きな原因となるものですね。

それで、メラノサイトが活性酸素に攻撃されると、機能しなくなる、と言われています。

 

成長ホルモンの分泌を促すと白髪が改善する、と言われることがあります。

それは、活性酸素に攻撃された細胞を成長ホルモンが修復してくれるからです。

ですから白髪を治すには、成長ホルモンの分泌を促すことも大切ですが、それと同時に活性酸素を減らすことも大切ですよ。

 

白髪が治る食事とは?

 

まず、糖質(炭水化物など)は活性酸素を増やします。

ですから、糖質は減らしたほうがいいです。

ただし、糖質を完全に摂らないのは何かと問題が多いですので、必要最低限の糖質は摂るべきです。

1日に必要な糖質は、白米にするとお椀3杯分くらいです。

ですから、3食しっかり食べて間食をしないようにすれば、糖質を摂りすぎることはないでしょう。

 

そして、活性酸素を取り除く栄養素が含まれているものを食べると良いです。

活性酸素を取り除く働きがある栄養素は、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどです。

多くの緑黄色野菜にβカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどが含まれていますので、緑黄色野菜を積極的に食べるといいですよ。

 

ただ、緑黄色野菜をたくさん食べるのは難しいと思いませんか?

 

そこで、栄養たっぷりの緑黄色野菜から作られた青汁を飲むことをおススメします。

緑黄色野菜はβカロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの活性酸素を取り除く栄養素が豊富に含まれていますので、白髪改善にはおススメです。

 

ちなみに私は青汁を飲み続けてるようになってから、白髪が目立たなくなりました。

ですから、白髪を治すには青汁がおすすめです。

 

私は今までいろいろな青汁を飲んできましたが、私が今飲んでいるおすすめの青汁はサンスター「粉末青汁」です。

01syukusyo

この青汁は、5種類もの野菜(ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ)から作られている青汁です。

多くの青汁が1種類の野菜から作られているんですが、そんな中、「粉末青汁」は5種類の野菜から作られているんです。

ですから、豊富な栄養をバランスよく摂ることができますのでおすすめです。

 

サンスター「粉末青汁」の詳しい情報は、下のリンクをクリックすると確認できます。

 【粉末青汁】詳しくはこちら


 





 

参考サイト:青汁を飲み続けたらどうなった?実録体験談を公開!

 

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)