便秘だと体がかゆくなる!?知らないと損するかゆみ解消法!


 

便秘が原因で体がかゆくなることがある、ということを聞いたことはないでしょうか?

便秘だと本当に様々な症状を引き起こしますが、その1つに「体のかゆみ」があります。

 

そこで、ここでは便秘だとなぜ体がかゆくなるのか、そして、かゆみを解消するにはどうしたらいいのか、紹介します。

 

kayui

なぜ便秘だと体がかゆくなるのか?

 

まずは、便秘だとなぜ体がかゆくなるのか、簡単に紹介します。

その理由は以下の2つです。

 

 肌の調子が悪くなる

便秘がひどくなると肌荒れしたりして、肌の調子が悪くなりますよね。

それは、便秘になると腸に老廃物や毒素が溜まるんですが、それらが血液によって皮膚まで運ばれてしまうんです。

そうすると、肌状態が悪くなり、保湿機能などが正常に働かなくなります。

それで、肌が乾燥すると、かゆくなります。

 

 自律神経の乱れ

腸と自律神経は密接関係にあります。

腸の調子が悪くなると自律神経が乱れてしまうのです。

それで、自律神経が乱れると、かゆみを感じてしまうのです。

ちなみに、自律神経が乱れが原因の場合、夕方から夜にかけてかゆみを感じることが多く、日中はあまりかゆみを感じないです。

ただし、肌の調子の悪化と自律神経の乱れの両方を併発した場合、日中も夜も1日中かゆみを感じます。

 

便秘が原因の体のかゆみを解消するには?

 

便秘が原因のかゆみは、かゆみ止めで一時的には抑えることができることが多いです。

ただし、あくまでかゆみ止めは一時的にかゆみをとめるだけであって、かゆみの原因となる事を解消したわけではありません。

ですから、薬の効果が切れたら再びかゆくなります。

 

かゆみ止めで一時的にかゆみを止めることも大切ですが、かゆみの原因を解消することも大切です

この場合は、便秘がかゆみの原因ですから、便秘を解消する必要がある、ということになりますね。

ちなみに、便秘を解消しないと自律神経の乱れを整えるのは難しいです。

肌の状態の悪化を改善するのも、スキンケアだけでは難しいです。

ですから、便秘の解消を優先的にすべきです。

 

便秘の解消には、食物繊維や乳酸菌を摂るといい、と言われていますね。

それで、ここではひとつだけ、乳酸菌だけを摂ってもなかなか便秘を解消することはできないです。

便秘の原因の8割は、腸の働きが鈍くなることです。

それで、食物繊維は腸を刺激して正常に働かせる作用があります。

しかし、残念ながら乳酸菌には腸を刺激する作用はありません。

 

確かに、便秘を解消するのに、善玉菌を増やすことは大切なことです。

ただ、それだけでは不充分なので、食物繊維も摂る必要がありますよ。

ちなみに、食物繊維は乳酸菌のエサにもなるので、乳酸菌を増やす作用があります。

ですから、乳酸菌を摂らなくても、食物繊維を摂っていれば充分なんですけどね。

 

ちなみに私の周りでは、乳酸菌を摂っても便秘を解消できなかったけど、食物繊維を摂ったら便秘を解消できた、という人が多いです。

といったこともあるので、便秘解消には乳酸菌よりも食物繊維の方がおすすめです。

 

腸内フローラ(腸内細菌の集まり)を改善する食事については別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

 腸内フローラを改善する食べ物

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)