レモン酢の効果がスゴイ!?高血圧・高脂血症・花粉症が改善!?


 

最近、「レモン酢」が話題になっていますね。

 

「10kg以上痩せることができた!!」

「血圧・血中脂肪値が正常になった!!」

「花粉症の季節に薬がいらなくなった!!」

などなど、本当にいろいろな効果がある、と言われていますね。

 

ちなみに、レモン酢とは簡単にいうと、レモンを酢につけたものです。

手軽に作れるんですが、それを飲むことで驚きの効果を実感できる、という事なんですよ!

 

そこで、ここではレモン酢の効果と作り方について、紹介します。

 

job_eiyoushi

レモン酢の効果

 

レモン酢は、レモンと酢が一緒になる事で相乗効果が生まれるわけではなく、健康の効果があるレモンと酢の2つを一緒に摂ることができる、ということです。

では、それぞれの効果について紹介します。

 

レモンの効果

 

レモンに含まれる健康に効果的な成分は以下の通りです。

 

 ポリフェノール「エリオシトリン」

レモンに含まれているポリフェノールの一種「エリオシトリン」には、脂肪の吸収を抑え体外に排出する作用があります。

また、活性酸素を取り除く力が強く、血液の流れを良くしたり、老化を防いだりする働きがあります。

エリオシトリンは、レモンの皮に多く含まれています。

 

 ビタミンC

ビタミンCといえばレモンを想像する人が多いと思います。

ビタミンCには活性酸素を取り除く作用があるほか、花粉症の症状を引き起こすヒスタミンの生成を抑える作用もあります。

 

 クエン酸

レモンに含まれているクエン酸には、代謝を高める働きがありますので、肥満を解消しやすくなります。

また、クエン酸には血液の流れを良くする働きもあります。

 

 ペクチン

レモンに含まれている「ペクチン」という水溶性食物繊維には、胃の調子を整える作用があるほか、脂肪の吸収を抑える働きがあります。

 

 リモネン

リモネンとは、レモンの香りの元です。

リラックス効果がありますので、ストレスを緩和する効果を期待できます。

 

以上をまとめると、レモンには血液の流れを良くしたり、脂肪の吸収を抑えたり排出したり、花粉症の症状を抑えたり、腸の調子を整える作用がある、ということになりますね。

血液の流れが良くなったり血中の脂質が減れば血圧は下がりますし、その他の生活習慣病の予防などにも効果的だということになりますね。

 

酢の効果

 

酢の主原料である酢酸の主な効果は以下の通りです。

 

 内臓脂肪・血中中性脂肪を減らす

酢酸には、内臓脂肪の燃焼を促し、減らす働きがあります。

また、血中中性脂肪を減らす効果も確認されています。

 

 血液の流れを良くする

酢酸には、血液中の中性脂肪を減らす作用があるほか、血管を拡張する働きもありますので、血液の流れを良くする効果があります。

 

 胃腸の働きをよくする

酢酸には、胃腸の調子を良くする働きがありますので、胃もたれや便秘などの改善に効果的です。

 

 ナトリウムの排出を促進

酢酸には、塩の主成分であるナトリウムを体外に排出する作用があります。

 

 血糖値の上昇を抑制

酢酸には、糖の吸収を抑え、血糖値が急激に上昇するのを抑える働きがあります。

 

酢には、血液の流れを良くしナトリウムの排出を促すので、高血圧改善の効果を期待できますね。

 

レモンと酢を一緒に摂る事で…

 

レモンと酢の両方に、体脂肪を減らし、そして血液の流れを良くする作用があります。

ということは、高血圧をはじめとした生活習慣病の予防、改善の効果を期待できますね。

 

その他、体内の各器官が正常に働くには、血液の流れを良くすることは非常に大切です。

ですから、レモン酢にあらゆる健康の効果を期待できる、ということになりますね。

 

レモン酢の作り方

 

レモン酢は時間はかかります(漬けておく時間が長い)が、簡単に作ることができます。

レモン酢のレシピを「クックパッド」で見つけました。

いくつかあったんですが、その中でメジャーなものを紹介します。

 

簡単、大好きなレモン酢

b0d6dc309973a5a947ca25083e75076b

Cpicon 簡単、大好きなレモン酢 by emicoキッチン

 

レモン酢の飲み方

 

レモン酢は、そのまま飲んだり(ストレート)、水やお湯で割って飲んだり、牛乳や豆乳などで割ったりして飲むことができます。

 

また、レモン酢は一度にたくさん飲むよりも、何回かに分けて飲んだほうが効果的だと言われています。

1~2時間おきに飲むのが理想的だそうですが、それはちょっと難しいのではないかと思います。

ですから、食後などに大さじ1杯飲むようにするといいでしょう。

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)