インフルエンザで頭痛が長引く原因と対処法


インフルエンザ 頭痛 長引く について

 

インフルエンザの症状のひとつに頭痛があります。

そこで、ここではインフルエンザで頭痛が長引く原因と対処法を紹介します。

 

a0002_007480

 

インフルエンザで頭痛が長引く原因

 

インフルエンザウイルスに感染すると、ウイルスを退治するために様々な物質が分泌されます。

その物質が原因で頭痛がするのです。

頭痛が長引く場合は、インフルエンザウイルスに長期間感染していることが考えられます。

熱が下がったとしても、ウイルスが体内に潜伏していれば頭痛は続きます。

 

ただし、通常はインフルエンザを発症してから5日経てば頭痛が緩和します。

それで、発症から5日たっても頭痛が緩和しない時は、合併症を引き起こしている可能性があります。

ですから念のため、インフルエンザ発症から5日たっても頭痛が軽くならない時は、病院で診てもらったほうがいいでしょう。

 

発症から5日たっても症状が軽くならないことは珍しいことではありません。

特にお年寄りなど体力のない方は、回復まで時間がかかる場合があります。

ただ、合併症を引き起こしているのにそのまま放置してしまうと、後が大変です。

ですから、念のために早めに病院に行ったほうがいいでしょう。

 

インフルエンザで頭痛が長引く時の対処法

 

ここでは、インフルエンザによる頭痛が長引いているけど合併症を引き起こしていない時の対処法を紹介します。

合併症を引き起こした場合は、医者の指示に従ってください。

 

インフルエンザによる頭痛は、回復する過程で起こってしまうものです。

それで、頭痛が長引ているからといって、何か異常が起こるわけではありません。

出来れば鎮痛剤を飲むのはやめておいたほうがいいので、我慢ができるのであればそのまま何もしないほうがいいです。

 

鎮痛剤には解熱作用もあります。

それで、鎮痛剤を飲んで熱を下げてしまったら、インフルエンザの治りが悪くなります。

インフルエンザで体温が高くなるのは、そのほうがウイルスを退治しやすくなるからです。

それで、インフルエンザによる熱はできるだけ下げないほうがいいんです。

ですから、解熱剤は飲まないほうがいいです。

 

ただ、どうしても我慢できない場合は、アセトアミノフェンの解熱剤なら飲んでも問題はないでしょう。

鎮痛剤は他にアスピリン系がありますが、インフルエンザの時に飲むと合併症を引き起こす可能性があります。

アセトアミノフェンなら、合併症を引き起こす可能性は低いでしょう。

 

ご自宅にある鎮痛剤がアセトアミノフェンなのかアスピリン系なのかは、説明書や箱などに書いてあります。

また、ネットで調べればわかることが多いので、商品名を検索窓に入力して検索してみるといいでしょう。

鎮痛剤を購入する際は、必ず「アセトアミノフェン」の頭痛薬が欲しいとはっきりと薬剤師に伝えましょう。

 

鎮痛剤を飲むのは、あくまでどうしても我慢できない時です。

決して鎮痛剤を飲むことを勧めているわけではありません。

飲んだら治るのが遅くなる可能性があります。

 

また、頭を冷たくすると頭痛が緩和する場合があります。

冷たくすると血液の流れが悪くなりますが、そうすると、頭痛の原因となる物質が血液によって流されなくなりますので、頭痛が治まってしまうことがあるのです。

ただし、頭を冷たくするということは、体温を下げる原因を作っていることになります。

ですから、体温を下げる恐れのあることはしないほうがいいです。

 

頭を冷やしても大幅に体温が下がることは恐らくないと思いますが、それでも念のため、頭を冷たくしないほうがいいですよ。

 

耐えられるのであれば、放置しておくのが一番です。

inhuruyobou

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

1件のコメント

  • コメント残させて頂きます。

    記事の内容、大変勉強になりました。
    私も頭痛持ちで、
    頭痛についてのブログも書いてるのですが、
    我慢できるなら、なるべく薬を使わないのは、賛同します。
    どんな病気でも、
    できるだけ、事故治癒力に任せたいですね。

    また、訪問させていただきますね!(“⌒∇⌒”)

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)