花粉症で頭痛と倦怠感がする原因と対処法!知らないと損する対策!


 

「花粉症で頭痛と倦怠感がするから、もうツラくて…!?」
と、悩む人は多いですよね。

「もう、なんとかならないかなぁ!?」
と、私もよく思います。

 

花粉症の症状はさまざまですが、ここでは頭痛と倦怠感の原因と対処法を紹介します。

 

kafun_kusyami

花粉症で頭痛と倦怠感がする原因

 

まずは、花粉症で頭痛と倦怠感がする原因から紹介します。

 

花粉症になると、鼻水、鼻づまりになりことが多いですよね。

そうなると、呼吸しづらくなりますよね。

それで、酸素を充分に体内に取り入れられなくなると、脳が酸欠状態になります。

それで、頭痛がするんです。

また、全身が酸欠状態になると、倦怠感がしますよね。

 

そして、呼吸が苦しくてぐっすり眠れなくなったり、睡眠中に充分呼吸ができていないと、頭痛や倦怠感が起こりやすくなりますね。

 

また、鼻水、鼻づまりが続くと、鼻の粘膜が腫れることがあります。

そうなると鼻の気道が狭くなり、空気を充分に取り入れることができなくなるので、頭痛や倦怠感がすることがあります。

 

そして、花粉が原因で副鼻腔炎(蓄膿症)になる事もあります。

副鼻腔炎になると、副鼻腔に膿がたまり、周囲を圧迫するので、頭痛がすることがあります。

また、副鼻腔炎には鼻水、鼻づまり、睡眠障害など様々な症状がありますが、それらが原因で倦怠感が起こることもあります。

 

花粉症で頭痛と倦怠感がする時の対処法

 

花粉症で頭痛と倦怠感がするのは、花粉そのものが原因ではなく、鼻水、鼻づまりが起こることが原因で起こります。

という事は、鼻水や鼻づまりがおさまれば、頭痛や倦怠感がおさまる、ということになりますね。

 

花粉症による鼻水、鼻づまりを抑えるには、とにかく花粉を体に近づけないことが大切です。

外出するときはマスクをし、家に入る時は花粉を払い落とすなどして、花粉を避けるようにすることが大切ですよ。

 

また、とりあえず鼻水を止めるには、蒸しタオルなどで鼻を温めるといいです。

そうすると、鼻の粘膜の腫れも少しはおさまりますので、呼吸しやすくなりますよ。

 

また、少量の水を口に含ませてそのままでいるといいです。

そして、しばらくしたら飲み込んでください。

そうすると、しばらくは鼻水が止まります。

それで、再び鼻水が出てきたら、また口に水を含ませる、というのを繰り返します。

水を飲むことができるなら、何とかなるでしょう。

 

また、鎮痛剤を飲めば頭痛はとりあえず抑えることができますよね。

用量・用法をきちんと守って飲むようにしましょう。

 

ただ、これらは一時的な対処法にしか過ぎないですよね。

これらの方法を実践しても、またすぐに鼻水、鼻づまりになりますので、頭痛や倦怠感がするようになります。

 

大事なのは、花粉症の症状を引き起こしにくい体になる事です

免疫力が正常に機能するようになれば、花粉症の症状が軽くなりますよ。

 

ただ、免疫力を高くするのは時間がかかります。

そこで、とりあえず花粉症の症状が出にくくなるために、花粉症対策のサプリを飲むといいですよ。

花粉症対策のサプリは別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

 花粉症対策におススメのサプリ

 

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)