冬の朝、寝起きに頭痛がひどい!その原因と対策!アレで痛み知らず!?


 

「冬になると、毎朝寝起きに頭痛がひどくなるんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

頭痛がひどくなると本当にツラいですよね。

寒い冬は布団から出たくなくなるのに、頭痛がするとさらに布団から出ることができなくなりますよね。

そうしたら、遅刻したり…なんてことにもなってしまいますよね。

 

そこで、ここでは冬に頭痛がひどくなる原因と対処法を紹介します。

 

virus_zutsuu

冬の朝、寝起きに頭痛がひどくなる原因と対処法!

 

冬の朝、寝起きに頭痛がひどくなる大きな原因は、ズバリ、頭への血液の流れが悪くなるからです。

 

寒くなると血管が収縮しますので、血液の流れが悪くなります

それで、1日の中で一番気温が低いのは日の出の時になる事が多いです。

という事は、起きている時間で考えると、寝起きが一番気温が低くなりますよね。

ですから、寝起きが一番血液の流れが悪くなるので、頭痛がひどくなりやすい、ということになります。

 

冬の朝の寝起きに頭痛がひどくなる時の対処法

 

冬の朝の寝起きに頭痛がひどいのを解消するには、血液の流れを良くすることが大切です。

そのポイントは以下の3つです。

 

 体をさらに温める

体を温めることで、血液が収縮するのを防ぐことができます。

そうすれば、頭へ血液が流れるようになるので、頭痛を緩和することができます。

汗をかくと逆に体が冷えることもありますので、汗をかかない程度に体を温めるといいですよ。

特に、肩や首回りをしっかりと温めるといいでしょう。

また、起きてから肩や首をしっかり温めると、頭痛が早く良くなりますよ。

 

 枕を変える

寝起きに頭痛がひどくなる原因の1つに、枕が合ってないことで首や肩に負担がかかり、血液の流れが悪くなっていることがあります。

体に合う枕に変えることで、首や肩への負担が減るので、頭への血液の流れが良くなります。

枕を変えたら寝起きに頭痛がしなくなった、という人は多いですよ。

 

 寝る前に少しでも体を温めておく

寝る前の湯船に使ったり、あるいは厚着をして体を冷やさないようにすることで、寝ている間に少しでも血液の流れを良くすることができます。

言うほどの効果はないんですが、寝る前に何もしないよりかは、しておいたほうがいいでしょう。

 

首や肩を温めても枕を変えても頭痛が緩和しない時もある!?

 

首や肩を温めても、枕を変えても頭痛があまり緩和されないことがあります。

それは冬バテの場合です。

 

冬バテとは、冬に夏バテの症状が出ることですが、その症状のひとつに頭痛があります。

そして、人によっては朝の寝起きに頭痛が最もひどくなることもあるのです。

 

冬バテの対処法は別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

 冬バテで頭痛がする原因と対処法!知らないと損する冬バテ対策!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)