加齢臭の原因は肉の食べ過ぎ!?知らなきゃ損する加齢臭対策!


 

「加齢臭で家族や職場の人から文句言われたり、嫌な顔されたりするんだけど、どうしよう!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

加齢臭はなかなか自覚ができず、他の人に指摘されて初めて分かることが多いと思います。

それで、加齢臭を指摘されると、本当にショックですよね。

それで、加齢臭を消すために体を丁寧に洗ったりするものの、なかなか消えないですよね。

「加齢臭をなんとかしたい!」
あなたはそう思いませんか?

 

ところで、加齢臭の原因はいろいろ指摘されていますが、その一つがお肉の食べ過ぎです。

「加齢臭を抑えるなら、肉類を食べるのを控えたほうがいい!」
と、よく言われていますね。

 

そこで、ここではお肉を食べ過ぎるとなぜ加齢臭がひどくなるのか、何か対策はないのか、紹介します。

 

taisyu_man

加齢臭のメカニズム~お肉を食べると加齢臭がひどくなるワケ

 

まずは加齢臭のメカニズムを簡単に紹介します。

 

加齢臭は、酸化した脂質(ノネナール)が皮脂と一緒に分泌され、そこに雑菌が発生することで生じます

という事は、脂質を減らせば、酸化した皮脂の分泌量を減らすことができますので、加齢臭を減らすことができる、と単純に考えることができますよね。

それともう一つあるんです。

肉類に含まれる脂質を摂ると、体内に酸化の原因となる活性酸素が増えてしまうんです。

ですから、ますます脂質が酸化しやすくなってしまうわけですね。

 

という事で、肉類の食べ過ぎは加齢臭の大きな原因となります。

 

ちなみに、魚類に含まれている脂質は加齢臭の原因とはなりにくいです。

魚類に含まれる脂質と肉類(牛・豚・鶏etc)に含まれる脂質は種類が違うんです。

それで、魚類に含まれる脂質は酸化されにくですし、活性酸素を増やしませんので、加齢臭の原因にはなりにくいです。

 

お肉を食べずに加齢臭を抑える方法はないのか?

 

お肉が加齢臭の原因なら、お肉を一切食べなければいい、ということになりますよね。

ただ、揚げ物などにつかう油も加齢臭の原因になりますので、お肉を食べないようにすればいい、というわけでもないですけどね。

とはいっても、お肉を一切食べないようにすれば、加齢臭は大幅に抑えることができる人が多いと思います。

お肉を食べずにお魚を食べれば、お肉に含まれている栄養のほとんどを補うことができますから、お肉を一切食べなくても不健康にはならないですしね。

 

でも、そうはいってもお肉を一切食べないのは、かなりツラいと思いませんか?

現代の食生活を考えると、肉類を避けるのはちょっと難しいと思います。

そして、肉類の料理でおいしいものは多いですが、それらを食べることができなくなるのは、かなりツラいですよね。

 

加齢臭を抑えるには肉類を減らしたほうがいいのは間違いのないことです。

ですから、できるだけ減らすように心がけたほうがいいでしょう。

 

そのうえで、加齢臭を抑えるのに大切なことがもう一つあります。

それは、脂質の酸化を抑えることです。

 

加齢臭のメカニズムをもう一度言いますが、加齢臭は酸化した皮脂が分泌されることで発生します。

という事は、脂質が酸化しなければ、加齢臭を抑えることができる、ということになりますよね。

脂質は、活性酸素によって酸化します。

という事は、活性酸素を減らせば脂質の酸化を抑えることができるので、加齢臭を抑えることができる、ということになりますよね。

 

活性酸素は、ビタミンC、ビタミンEなどによって取り除かれます。

ですから、それらの栄養素を積極的に摂れば、活性酸素を減らすことができるので、皮脂の酸化を抑えることができる、ということになりますよね。

そうなれば、加齢臭を抑えることができますね。

 

それで、活性酸素を取り除くビタミンC、ビタミンEなどは、野菜類に多く含まれています。

ですから、野菜類を積極的に摂る事で、加齢臭を抑えることができますよ。

 

加齢臭と野菜の関係については、別のページで紹介しました。

ぜひ参考にしてください。

 野菜不足だと加齢臭がひどくなる!?知らないと損する加齢臭対策!

 





 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)