ストレスが原因で貧血になる!?知らないと損する貧血対策!


 

「貧血でフラフラしたりすることが多くなったんだけど、これってストレスが原因なのかなぁ?」
と、私の妻は以前疑問に思っていました。

もともと貧血気味なんですが、時々めまいや立ちくらみなどの貧血に症状がひどくなることがあった、という事なんです。

そういう時は、ストレスが溜まっている時が多い、という事でした。

 

そこで、ここではストレスが原因で貧血になる事があるのか、紹介します。

 

hinketsu

ストレスが原因で貧血になる!?その理由とは?

 

ストレスは私たちの体に様々な影響を及ぼしますよね。

その一つに、胃腸の調子が悪くなることがありますよね。

ストレスが原因で胃が痛くなったり、下痢や便秘になったりしますよね。

 

それで、胃腸の調子が悪くなると、消化・吸収が悪くなります。

すると、鉄分などの血液の原料を吸収することができなくなります

そうなると、血液を作ることができなくなりますので、貧血になりますよね。

 

めまい、立ちくらみetcの原因は貧血ではなくストレス?

 

貧血の症状は、めまい、立ちくらみ、体のだるさ、動悸などがありますよね。

実はこれらは貧血でなくても、ストレスが原因で起こることもあります

ストレスが原因で自律神経が乱れると、めまい、立ちくらみ、体のだるさ、動機などの症状を引き起こすことがあるのです。

 

ということは、本当に貧血なのかをチェックする必要がありますね。

原因がはっきりしないと、きちんと対処はできませんので。

 

貧血なのかどうかをチェックする簡単な方法は、下まぶたの裏を見ることです。

鏡の前であかんべをして下まぶたの裏を見たときに、色が白っぽかったら貧血です。

色が濃い目のピンクなら貧血ではありません。

 

貧血でなければストレスによる自律神経の乱れが原因で、諸症状が出ていることになりますよね。

そういう時は、自律神経の乱れに対して対処していく必要があります。

 

自律神経の乱れに関しては、別のページで紹介しています。

そちらを参考にしてください。

 自律神経失調症の原因と対策!

 

ストレスが原因の貧血の対処法

 

ストレスが原因の貧血の対処法は、ストレスを発散することです。

ストレスを発散しない事には、貧血になりやすい状態が続きます。

 

ストレスを発散するには、夢中になれることをする事が一番です。

ストレスを発散するのに、小説を読むといいとか、テトリスをするといいとか、運動をするといいとか、いろいろ言われていますよね。

しかし、小説を読むのが好きではない人が小説を読んでも、運が悪いとストレスがたまるだけです。

テトリスなどのゲームや運動も同じですね。

夢中になれるものは人によって違いますね。

ですから、一概に何をするといいとは言えませんが、あなたが夢中になれるものをするといいですよ。

 

そして、貧血を改善していく必要もありますね。

貧血を改善するのに一番大切なのは、食事です。

鉄分はもちろんですが、葉酸、ビタミンC、動物性たんぱく質など血液を作るのに必要な栄養素をしっかりと摂るようにすることが大切ですよ。

 

また、貧血のサプリを飲めば、血液を作る原料を手軽に効率よく摂ることができますよね。

「美めぐり習慣」は、鉄分をはじめ貧血を改善するのに必要な栄養素がたっぷり配合されているサプリです。

それで、実際に飲んだ人の多くが満足していて、満足度がなんと97%なんですよ。

 

貧血のつらい症状から解放されて、毎日元気に過ごしたい!
と思っているあなたに「美めぐり習慣」はおすすめです。

 

ちなみに私の妻は、「美めぐり習慣」を飲み続けていましたが、その時の体験談を別のサイトにまとめてあります。

興味があればそちらをご覧ください。

 「美めぐり習慣」を飲み続けたらどうなった?

 





 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)