花粉症対策に”れんこん”が効果的!?つらい症状から解放されるのか?


 

花粉症の季節になるとゾッとするという人は多いですよね。

鼻水・鼻づまり・くしゃみなどが止まらなくなり、仕事に集中できなくなったり、夜眠れなくなったりと、かなりツラいですよね。

それが、2~3ヶ月続くわけですから、あなたは
「なんとかしたい!」
と、思いませんか?

 

それで、花粉症対策に効果がある食べ物はいろいろ言われていますよね。

その一つに「れんこん」があります。

「花粉症などのアレルギーにはレンコンが一番効果的だ!」と主張する教授もいるくらい、れんこんは注目されているんです。

 

そこで、ここではれんこんの花粉症対策の効果を紹介します。

 

a0002_010822

れんこんの花粉症対策の効果!

 

れんこんの花粉症対策の効果は以下の通りです。

 

 ポリフェノール

れんこんにはタンニンやカテキンをはじめ、いくつかのポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールといえば赤ワインや緑茶を思いつく人が多いと思いますが、実はれんこんのほうがたくさんポリフェノールが含まれているんです。

それで、レンコンのポリフェノールには花粉症の症状を引き起こす原因物質「IgE抗体」の分泌を抑制する働きが確認されています。

ですから、花粉症対策に効果的ですよ。

 

 食物繊維

れんこんには食物繊維が含まれています。

食物繊維には腸の調子を良くする働きがあります。

それで、腸にはたくさんの免疫細胞がありますが、腸の調子が悪いと免疫細胞にも悪影響を及ぼします。

そのせいで、花粉症の症状が悪化してしまうのです。

食物繊維を摂って腸の調子が良くなれば、花粉症の症状が緩和されることが期待できますよ。

 

 ムチン

れんこんにはムチンという成分が含まれています。

れんこんを切ると細い糸のようなものが出てきますよね。

それがムチンです。

ムチンには鼻やのどなどの粘膜を保護したり強化したりする働きがあります。

また、消化を促進する作用があり、腸の調子を良くする事も期待できます。

腸の調子が良くなると花粉症の症状が緩和されると言われています。

ですから、花粉症対策の効果を期待できるのです。

 

花粉症対策としてのれんこんの食べ方

 

 

れんこんに含まれるムチンは熱に弱く、長時間加熱すると栄養素が失われる、と言われています。

ですから、れんこんはできるだけ短時間加熱したほうがいいですよ。

サッと調理してすぐに食べるのがいいでしょう。

 

また、れんこんのポリフェノールは皮にたくさん含まれていますので、できれば皮ごと食べたほうがいいですよ。

 

関連記事:花粉症対策におススメのサプリ~口コミでも評判のサプリとは?

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)