高血圧によるむくみの対処法!知らないと損する高血圧対策!


 

高血圧の症状はさまざまですが、その一つにむくみがあります。

そこで、ここでは高血圧によるむくみの原因と対処法を紹介します。

 

doctor

高血圧によるむくみの原因

 

高血圧によるむくみの主な原因は、腎臓の機能の低下です

 

高血圧だと動脈硬化が進みますよね。

それで、腎臓の血管の動脈硬化が進むと、腎臓の機能が低下します。

腎臓は血液中の老廃物を取り出して尿と一緒に排出する働きがありますが、腎臓の機能が低下すると血液中の老廃物を排出することができなくなります。

そうなると、血液中に老廃物がたまり、体内に老廃物が溜まってしまいます。

そうなると、体内の細胞が老廃物が邪魔で余分な水分を排出することができなくなります。

ですから、細胞内に余分な水分が溜まってしまうのです。

この状態がむくみですね。

 

ただ、腎臓の機能が低下していなくてもむくむことがあります。

 

塩分の摂りすぎは高血圧の原因になりますが、同時にむくみの原因にもなります

血液中の塩分濃度が高くなると、濃度を下げるために血液中の水分が多くなります。

そうすると、血液が流れにくくなりますので血圧が上がりますが、それと同時に血液中に水分が多いので、むくみやすくなります。

 

また、血液の流れが悪くなると血圧が高くなりますが、同時にむくみの原因にもなります

細胞内の水分は血液によって体外に排出されますが、血液の流れが悪くなると余分な水分を排出することができなくなります。

ですから、むくみやすくなるのです。

 

塩分の摂りすぎと血液の流れの悪化によるむくみは、高血圧が原因とは言えないですが、高血圧と関連があるむくみという事ができますね。

 

高血圧によるむくみの対処法

 

高血圧によってむくんだ場合は、まずはかかりつけの医師に相談してください。

場合によっては腎臓の治療をする必要がありますし、他の治療をする必要が出てくることもあります。

 

そのうえで、自宅でできる対処法を紹介します。

 

高血圧によるむくみは、まずは血液中の塩分を減らすといいでしょう。

食事の塩分を控えめにすれば、血液中の塩分は排出されます。

 

そして、適度な運動をしたりして血液の流れを良くするといいでしょう。

また、血液の流れが悪くなる大きな原因は、血液中の脂質です。

脂肪分の多い食べ物を控えることも大切ですよ。

 

そして、なにより血圧を下げることが大切になります。

血圧を下げるには生活習慣を改善することが大切です。

栄養バランスのとれた食事、適度な運動、充分な睡眠などに心がける必要があります。

 

血圧を下げる食事に関しては、別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

 野菜不足が原因で高血圧に!?アレで簡単に野菜不足解消!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)