ストレスが原因のドライマウスの対処法!アレで口の乾きが改善!?


 

「ドライマウスで口の中が変な感じだし、口臭も気になって…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

最近、ストレスが原因のドライマウスで悩んでいる人が増えている、という事ですね。

ドライマウスになると、食事がしにくくなったり、口の中がネバネバしたり、そして口臭がひどくなったりして、ツラいですよね。

 

それだけでもツラいんですが、そのままドライマウスが続くともっとツラいことが待っているんです

ドライマウスになると虫歯や歯周病になりやすくなります。

また、口の中に雑菌が繁殖して、舌や歯茎などがピリピリと痛くなったり、あるいは味覚障害になる事もあるんですよ!

 

そうなる前に、ドライマウスに対しては早めに対処すべきです。

 

そこで、ここではストレスが原因のドライマウスの対処法を紹介します。

 

doctor

ストレスでドライマウスになる理由

 

まずは、ストレスが原因のドライマウスのメカニズムから紹介します。

 

ストレスでドライマウスになるのは、自律神経が乱れるからです。

唾液の分泌は自律神経によってコントロールされています。

それで、リラックスしていると唾液は分泌され、緊張すると唾液が分泌されにくくなります。

緊張すると喉が渇くことがあると思いますが、それは自律神経が唾液の分泌を抑えているからです。

 

ストレスは、自律神経が乱れる大きな原因となります。

それで、ストレスによって自律神経が乱れると、唾液の分泌をコントロールできなくなります

だから、ドライマウスになってしまうんです。

 

ストレスが原因のドライマウスの対処法

 

ドライマウスの対処法は以下の通りです。

 

 こまめに水分を摂る

水分を摂っても唾液の分泌は増えませんので、ドライマウスを改善することができません。

ただし、口臭をある程度は抑えることができますす、口の中の不快感もある程度は抑えることができます。

ただ、水分を摂ってもまたすぐに口の中が渇くと思いますので、とにかくこまめに水分を摂るといいでしょう。

 

 食事はよく噛む

食事の時によく噛むことで唾液が分泌されます。

また、ガムを頻繁に噛んでいると、唾液が分泌されやすくなります。

 

 歯磨きをこまめにする

ドライマウスだと口の中に雑菌が繁殖したりして不潔になります。

ですから、マメに歯磨きをして少しでも口の中を清潔にしたほうがいいでしょう。

 

以上の方法で、一時的にはドライマウスを緩和することができることが多いです。

ただし、これらの方法で一時的に症状を緩和することができても、ドライマウスになりやすい状態は続きます。

ですから、ストレスが原因のドライマウスは、結局はストレスを解消する必要がある、ということになります。

 

ストレス発散法はいろいろなことが言われています。

テトリスをするといい、とか、小説を読むといい、とか、ドラマや映画を観るといい、などなどいろいろなことが言われていますね。

ただ、好きでもないことをしてもストレスがたまるだけで発散することはできませんよね。

ですから、ストレス発散にはあなたが夢中になれることをしたほうがいいですよ。

 

また、ストレスに対抗する体を作っていくことも大切です。

適度な運動、栄養バランスのとれた食事、充分な睡眠などを心がけることでストレスに対抗する力が強くなるので、ドライマウスになりにくくなります。

 

これらの中で、食事に関しては別のページで紹介しました。

自律神経に関しての記事ですが、ストレスに対抗することと同じです。

ぜひ、そちらを参考にしてください。

参考記事:自律神経を整える食事!2つのポイントを押さえて毎日快調!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)