冬バテで頭痛がする原因と対処法!知らないと損する冬バテ対策!


 

「冬になると、よく頭痛がするようになるんだけど、なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

頭痛が続くと本当にツラいですよね。

 

冬以外はあまり頭痛がしないのに、冬になるとよく頭痛がするのは、冬バテの典型的な症状です。

 

そこで、ここでは冬バテで頭痛がする原因と対処法を紹介します。

 

virus_zutsuu

冬バテで頭痛がする原因

 

まずは、冬バテで頭痛がする原因を簡単に紹介します。

 

冬バテは寒さや寒暖差によって自律神経が乱れることで起こります

 

寒いと血管を収縮して体の熱を逃さないようにします。

血管を収縮するのは自律神経が働くからです。

それで、寒いのが続くと血管が収縮し続けます。

そうすると、自律神経が働き続けますので、負担が大きくなります。

それで、自律神経が乱れてしまうのです。

 

また、冬に寒い外と暖房の効いた温かい室内を行き来していると、自律神経は体内の熱を逃さないようにしたり、体内の熱を放出したりを繰り返します。

その繰り返しが多くなったり、あるいは寒暖差が大きくなりすぎたりすると、自律神経に負担がかかります。

ですから、自律神経が乱れてしまうのです。

 

それで、自律神経は血液の流れも調節しています。

しかし、自律神経が乱れると、血液が過剰に流れたり、逆に血液の流れが悪くなったりします。

それで、血液が過剰に流れると偏頭痛(片頭痛)になり、血液の流れが悪くなる(血管が収縮する)と緊張型頭痛になります。

 

つまり、冬バテによって自律神経が乱れると、血液の流れを調節できなくなるので、頭痛がする、ということになります。

 

冬バテによる頭痛の対処法

 

まず、偏頭痛と緊張型頭痛とでは対処法が違います。

 

偏頭痛は、こめかみあたりがズキンズキンと脈を打つような感じの痛みを感じる頭痛です。

この場合は、血液の流れを抑えると、頭痛が緩和されます

冷たくしたタオルなどでこめかみ周辺を冷やしたりするといいですよ。

 

緊張型頭痛は、頭が締め付けられたような痛みを感じる頭痛です。

この場合は、血液の流れを良くすると頭痛が緩和されます

蒸しタオルなどで頭を温めるといいですよ。

 

また鎮痛剤は、偏頭痛と緊張型頭痛のどちらかにしか効果が期待できないものがあります。

それで、緊張型頭痛なのにもかかわらず、偏頭痛に効果のある鎮痛剤を飲んでも、効果を期待することができません。

多くの鎮痛剤は、偏頭痛、緊張型頭痛の両方に効果を期待することができますが、飲むときにどちらに効果的なのか確認したほうがいいですよ。

 

ただし、これらの方法は一時的な対処法にすぎません。

頭を温めたり冷やしたりして頭痛を抑えても、温めたり冷やしたりするのをやめれば、またすぐに頭痛がするようになります。

また、鎮痛剤を飲んで頭痛を抑えても、薬の効果がなくなったら再び頭痛がします。

 

ですから、一時的な対処法と同時に、頭痛になりにくくすることも大切です。

冬バテが原因の頭痛は、冬バテを緩和すれば良くなります

 

冬バテの対処法は別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

 冬バテの症状と対処法~寒い冬にもバテる!?

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)