体がだるい気持ち悪い原因と解消法!知らないと損する対処法!


 

「体がだるくて気持ち悪くてツラいんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

そういった状態が続くと、かなりツラいですよね。

「なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは思いませんか?

 

そこで、ここでは体がだるくて気持ち悪い時の解消法を紹介します。

 

doctor

体がだるくて気持ち悪くなる原因と解消法

 

体がだるくて気持ち悪くなる原因でわかりやすいのが、二日酔いですね。

ただ、この場合は非常に分かりやすいですね。

 

ただ、原因が分かりにくい場合もあります。

そこで、ここでは原因が分かりやすい場合を除いて、体がだるくなる原因と解消するポイントを紹介します。

その原因は主に2つです。

 

 自律神経の乱れ

自律神経とは、自分の意志とは関係なく体の機能をコントロールしている神経のことです。

例えば、心臓の動きが早くなったり遅くなったりするのは、自分の意志とは全く関係ないですよね。

それは、自律神経が心臓の動きをコントロールすることで、早くなったり遅くなったりします。

それ以外に、汗や胃腸なども自律神経がコントロールしています。

逆に手足は意識して動かしますが、自律神経はコントロールしていません。

 

それで、自律神経が乱れると、必要以上に血液が流れたり、あるいは血管が収縮したりしてしまい、頭痛がすることがあります。

また、自律神経は胃の働きもコントロールしていますが、自律神経の乱れによって胃が弱ってしまい、気持ち悪くなることがあります。

自律神経が乱れると、この2つが同時に起こることが充分にあり得ます。

 

自律神経が乱れると、睡眠の質が悪くなったり(寝付きが悪い、眠りが浅いetc)、やる気が減退したり、といった症状も出やすいです。

 

自律神経が乱れる大きな原因は、ストレスや睡眠不足、生活リズムの乱れなどです。

まずは、これらのことを改善していく必要がありますよ。

 

また、食事も大切になります。

自律神経の乱れを整える食事については、別のページで紹介しました。

参考にしてください。

 自律神経を整える食事!2つのポイントを押さえて毎日快調!

 

 

 貧血

貧血になると、酸素を運ぶことができなくなりますので、体中が酸欠になります。

そうなると、脳の酸素不足を解消するためにたくさんの酸素を送ろうとします。

その時に過剰に血液が頭に流れ、偏頭痛になることがあります。

また、胃が酸素不足によって正常に働かないと、食べ物がいに入ってきても消化できず、気持ち悪くなることがあります。

これらが同時に起こることは充分にあり得ます。

 

貧血かどうかを判断するには、下まぶたの裏を見るといいです。

鏡の前で「あかんべえ」をして、まぶたの裏を見てください。

舌は出さなくてもいいですよ。

それで、下まぶたの裏が白かったら貧血です。

その他、貧血になると動悸や息切れが激しくなったりします。

 

貧血の主な原因は、鉄分などの栄養不足です。

栄養バランスの取れた食事を心がけたうえで、血液を作るのに必要な栄養素、鉄分、動物性たんぱく質、ビタミンC、葉酸などを積極的に摂るようにするといいでしょう。

また、貧血を改善する食事については、別のページで紹介しました。

是非参考にしてください。

 貧血を改善する食事~簡単に改善できるアレとは?

 

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)