貧血による吐き気の原因と対処法!ひょっとして重病かも?


 

「貧血気味のせいか、よく吐き気がするんだけど…!?」

よく吐き気がすると、本当にツラいですよね。

 

実は、貧血が原因で吐き気がする事があります。

そして、その場合は重病である可能性もあるのです。

 

そこで、ここでは貧血による吐き気の原因と対処法を紹介します。

 

virus_oetsu

貧血による吐き気の原因

 

まずは吐き気の原因から紹介します。

 

吐き気の主な原因は、胃の不調ですね。

食べ過ぎ、飲み過ぎのほかに、ストレスなどの心因性、自律神経の乱れなども胃の不調の原因となります。

 

それで、貧血だと酸素を全身に運ぶことができなくなりますので、全身が酸欠状態になります。

胃が酸欠状態になれば、少し食べすぎただけで胃の調子が悪くなって吐き気がする事がありますよね。

また、脳が酸欠になれば、自律神経が乱れて吐き気がする事がありますし、ストレスに対抗できなくて吐き気がする事もあります。

 

私たち人間が生きていくには、酸素が必要です。

それで酸素が不足すれば、さまざまなところが不調になります

それが胃に悪影響を及ぼせば、吐き気がするようになります。

 

もうひとつ、注意したほうがいいのが胃の出血です。

胃からの出血が続けば、貧血になることがあります。

それと同時に、吐き気がする事もあります。

胃炎や胃潰瘍などで、胃が出血することがありますし、吐き気を伴うこともありますよ。

 

貧血による吐き気がする時の対処法

 

貧血による吐き気がする場合、まずはあまり体を動かさないようにすべきです。

できれば横になって安静になったほうがいいですが、それが無理な場合、座ってできるだけ体を動かさなようにしたほうがいいです。

そして、体を温めたり、体を締めているもの(ベルトや服のボタン)などをゆるめたりして、少しでも血液が流れやすくすることも大切です。

 

また、胃腸薬を飲めば吐き気がおさまることがあります

胃腸薬は、食べ過ぎ・飲み過ぎなどによるものと、心因性・自律神経の乱れによるものなど、いくつかの種類があります。

薬局などで相談して薬を選ぶといいでしょう。

 

そして、しばらく胃の検査を受けてない場合は、一度病院で診てもらったほうがいいです。

貧血による吐き気は重病である可能性がありますので、念のため病院で診てもらったほうがいいですよ。

 

また、貧血を改善していくことも大切ですね。

貧血の改善は食事がとても大切です。

食生活の乱れを改善して、栄養バランスのとれた食事をするようにすることが大切ですよ。

 

貧血を改善する食事は別のページで紹介しました。

是非、そちらを参考にしてください。

 貧血を改善する食事~簡単に改善できるアレとは?

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)