動脈硬化を予防する食事のポイント!知らないと損する健康情報!


 

動脈硬化が進むと脳卒中(脳梗塞・脳出血など)になりやすくなるなど、非常に危険です。

突然死のリスクが高くなります。

ですから、動脈硬化は今すぐにでも予防することが大切です。

 

動脈硬化を予防するには、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、充分な睡眠などが大切になります。

そのなかで、ここでは動脈硬化を予防するための食事のポイントを紹介します。

 

job_eiyoushi

動脈硬化を予防する食事のポイント

 

動脈硬化を予防する食事のポイントは以下の通りです。

 

 動物性脂質は控えめに

動物性脂質を摂りすぎると血液がドロドロになり、動脈硬化が進行します。

ですから、肉類などは控えめにすべきです。

ちなみに、魚類に含まれる脂質は、血液をサラサラにする働きがあります。

血液をドロドロにするのは、牛、豚、鶏などに含まれる脂質です。

 

 食べ過ぎない

肥満になると、血液中の悪玉コレステロールが増えて動脈硬化が進むことが分かっています。

ですから、肥満にならないためにも普段から食べ過ぎないようにしたほうがいいですよ。

ちなみに脂質を減らしても炭水化物が増えると、炭水化物が体内で脂肪に変わるので、血液中の脂質は増えてドロドロになります。

 

 食物繊維を充分に

食物繊維は血液中のコレステロールを排出する働きがあります。

コレステロールは動脈硬化の大きな原因になりますが、食物繊維を摂ってコレステロールを排出すれば、動脈硬化の予防になります。

 

 抗酸化作用のある栄養素を充分に

血液中のコレステロールが酸化すると動脈硬化が進みます。

それで、酸化を防ぐ(抗酸化)作用のある栄養素を充分に取るといいですよ。

抗酸化作用のある栄養素は、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールです。

これらは、ほとんどの野菜や果物に含まれています。

 

 青魚を食べる

青魚には、DHAが含まれていますが、血液をサラサラにするので動脈硬化予防になります。

 

 ビタミンCを摂る

ビタミンCには抗酸化作用があるほか、血管を丈夫にする働きがあります。

ですから、動脈硬化の予防になります。

 

 豆類を食べる

豆類に含まれている大豆タンパクには、血液をサラサラにする働きがあります。

ですから、動脈硬化の予防になります。

 

 アルコールは控える

アルコールは動脈硬化を進行させますので、控えるべきです。

 

いろいろなポイントを紹介しましたが、これらすべてをまとめると、
「肉類を控え、魚類、野菜類、豆類、海藻類を積極的に食べる」
ということを意識していれば、動脈硬化を予防することができる、と言われています。

特に、魚類、野菜類は不足すると動脈硬化が進行しやすくなりますので、最低でもこの2つだけは充分に摂るようにすべきです。

 

野菜不足を解消するには?

 

現代は特に野菜不足を解消するのが難しいと言われています。

食の欧米化が進んでいると言われていますが、そのせいでどうしても野菜不足になってしまいがちです。

 

そこで、野菜不足を補うために青汁を飲む人が増えています。

青汁は栄養豊富な緑黄色野菜から作られています。

ですから、野菜に含まれている栄養素を補うのに最適です。

 

なかでも、サンスター「粉末青汁」は、5種類の緑黄色野菜から作られています。

多くの青汁が1種類の野菜から作られていますが、この青汁は5種類の緑黄色野菜から作られていますので、豊富な栄養素をバランスよく摂ることができるんです。

ですから、野菜不足を補うのにおすすめですよ。

 

詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

 サンスター「粉末青汁」詳しくはこちら


 





 

参考サイト:野菜不足は青汁で簡単に解消できるってホント?青汁の効果とは?

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)