雨の日の頭痛を緩和する食べ物!ひどくなる食べ物!


 

雨の日に頭痛がひどくなって、つらくてつらくて…!?
と、悩んでいる人はたくさんいますよね。

頭痛がひどくなると仕事などにも影響が出てきますので、なんとかしたいと思いませんか?

 

そこで、ここでは雨の日の頭痛を緩和する食べ物とひどくなる食べ物を紹介します。

a0960_006348

 

雨の日に頭痛がひどくなる原因

 

まずは雨の日に頭痛がひどくなる原因を簡単に紹介します。

 

雨の日にひどくなる頭痛は、偏頭痛と考えられています。

偏頭痛とは、血管が拡張して神経を刺激することで起こる頭痛です。

ズキン、ズキン、と脈打つような痛みが特徴ですね。

 

それで、雨が降るということは気圧が低いということですね。

気圧が低くなると、体にかかる圧力が低くなります。

そうなると、血管を押さえる力が弱くなり、血管が拡張するので偏頭痛が起こる、と考えられています。

 

雨の日の頭痛をひどくする食べ物

 

まずは、雨の日の頭痛をひどくする食べ物から紹介します。

 

チーズ、サワークリーム、チョコレート、サラミ、ソーセージなどには、チラミンという成分が含まれています。

チラミンは、急激に血管を収縮する作用があります。

急激に収縮した血管は、その反動で拡張してしまいます。

ですから、偏頭痛の原因になる、とされているのです。

 

そして、塩分も偏頭痛の原因とされています。

塩分を摂りすぎると血液中の水分が増えます。

すると、血液量が多くなり、血管が拡張するので、偏頭痛になりやすくなる、ということになります。

 

雨の日に偏頭痛がひどくなるのであれば、これらの食品を普段から避けるようにしたほうがいいですよ。

 

雨の日の頭痛を緩和する食べ物

 

ここでは、雨の日の頭痛を緩和する食べ物を紹介します。

 

雨の日の頭痛を緩和する食べ物は、マグネシウムとビタミンB6を含む食品です。

 

マグネシウムには血管の拡張を抑える働きがあります。

そして、神経の興奮を抑える働きもありますので、血管が拡張しにくくなります。

マグネシウムは、大豆製品(納豆、豆腐、豆乳など)、アーモンド、わかめ、ひじき、などに豊富に含まれています。

 

また、ビタミンB6には血管を拡張したり収縮したりする自律神経を正常にする作用があります。

自律神経が乱れると血管が拡張して偏頭痛が起こりやすくなります。

その、自律神経の乱れを整える働きがビタミンB6にはありますので、偏頭痛を緩和するのに効果的です。

ビタミンB6は、バナナ、いわし、かつお、さば、にんにく、納豆などに含まれています。

 

これら2つの共通している食べ物は、納豆ですね。

納豆を毎日食べると、雨の日の頭痛を緩和することが期待できる、ということになりますね。

 

ただ、ひたすら納豆を食べ続けても、雨の日の頭痛を緩和できるのかといえば、そういうわけでもありません。

マグネシウムやビタミンB6が作用するには、他の栄養素も必要になります。

ですから、結局は栄養バランスの摂れた食事が大切になります。

そのうえで、マグネシウムやビタミンB6を積極的に摂る事で、雨の日の頭痛を緩和することが期待できますよ。

 

現代の傾向から考えて、野菜不足を解消すれば、栄養バランスの取れた食事ができることが多いです。

ですから、まずは野菜不足を解消することから始めるといいでしょう。

 

とはいっても、食事を変えるのはなかなかできないですよね。

それで、多くの人が青汁を飲むことで野菜不足を補っているんです。

青汁は栄養豊富な緑黄色野菜から作られていますので、野菜不足を補うのに非常に適しているんです。

また、青汁の原料である大麦若葉にはマグネシウムとビタミンB6が豊富に含まれていますので、雨の日に偏頭痛がひどくなるという人にもおすすめです。

 

なかでも、サンスター「粉末青汁」は、大麦若葉をはじめ5種類の野菜から作られているんです。

多くの青汁が1種類の野菜から作られているのに対して、この青汁は5種類もの野菜から作られているんです。

ですから、豊富な栄養をバランスよく摂ることができますのでおすすめですよ。

 

詳しくは下のリンクをクリックすると確認できます。

 サンスター「粉末青汁」詳しくはこちら


 





 

参考サイト:青汁を飲みつづけたらどうなった?実録体験談を公開!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)