眠りが浅く日中眠い原因は寝付きにある?知らなきゃ損する対処法!


 

眠りが浅いせいか、日中眠くて眠くて…!?

そのように悩んでいる人が本当に多いですよね。

日中眠くなると、仕事などに影響が出てしまいますので、そうならないために眠りを深くしたいと思うものの…

寝る前に牛乳を飲んだり、睡眠の質が良くなるというストレッチをしたり、いろいろなことをしているんだけど、眠りが深くならないので、日中眠くなるのを解消できない、と悩んでいる人が多いですよね。

「なんとかならないかなぁ?」
とあなたも深刻に悩んでいませんか?

 

ところで、眠りが浅い原因が寝付きにある、ということが明らかになっています。

つまり、寝付きが悪いと眠りが浅くなるので、日中眠くなる、ということなんです。

 

そこで、ここでは寝付きが悪いと眠りが浅くなる理由と、寝付きを良くするためのポイントを紹介します。

 

nemurenai

寝付きを良くすると眠りが深くなる理由

 

まず、寝付きが悪いと眠りが浅くなってしまう理由を簡単に紹介します。

 

睡眠中は、浅い眠りと深い眠りを繰り返している、ということは、なんとなくでも聞いたことがあるのではないでしょうか?

下の図のようなイメージですね。

nemurinonami1

 

ただ、この図は、実は正確性にかなりかけているんです。

実際には、眠り始めてからすぐに深い眠りになるんですが、その時が一番眠りが深いんです。

そして、時間がたつにつれて眠りは浅くなるんです。

実際のイメージは下の図のような感じですね。

nemurinonami3

 

ということは、一番初めの深い眠りが浅いと、睡眠全体が浅くなってしまう、ということになります。

それで、寝付きが悪いと一番初めの深い眠りが浅くなってしまう、ということなんです。

ですから、寝付きが悪いと眠りが浅くなってしまって、日中眠くなる、ということですよ。

 

寝付きを良くして眠りを深くするポイント

 

では、寝付きを良くするポイントを紹介します。

よく言われていることをまとめます。

・朝起きたら太陽の光を浴びて体を動かす
・朝食を食べたり冷たい水を飲んだりして腸を刺激する
・栄養バランスのとれた食事をする
・ストレスは発散する
・寝る3時間前からはパソコンやスマホを操作しない(画面を見ない)
・寝る2時間前からは、激しい運動をしない
・お風呂で体を温める。寝る1時間前までにはお風呂を出る
・リラックスできる音楽を聴いたりアロマをしたりする

 

これらのことは寝付きを良くするためには大切な事なのでしょう。

しかし、これだけのことをしてもなかなか寝付きがよくはならない人も多いのではないでしょうか?

私の場合は、これらのことを実践しても、全然眠れなかったですね。

ストレス発散が不充分だったかもしれませんし、栄養バランスもしっかり取れてなかったかもしれないんですけどね。

 

そんな私でも、あることをしたらぐっすり眠れるようになったんです。

それは、睡眠をサポートするサプリを飲むようになってからです。

そのサプリとは、「月の休息」です。



 

これは、睡眠に必要な栄養素、トリプトファンとビタミンB6をはじめ、睡眠をサポートする成分が豊富に配合されているサプリです。

それで、このサプリを飲んで私はぐっすり眠れるようになりましたし、私以外にもたくさんの人が睡眠の質が良くなった、と実感しているんですよ。

 

眠りを深くして日中に眠くならず、スッキリした日々を過ごしたい!
そう思っているあなたに「月の休息」はおすすめです。

 

「月の休息」を飲み続けた私自身の体験談を、別のサイトにまとめました。

興味があれば参考にしてください。

 「月の休息」でぐっすり眠れるようになるってホント?実録体験談を公開!

 「月の休息」公式ページへ


 





 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)