毎日外食ばかりだと健康に悪いってホント?アレで手軽に健康的に!


外食が続くと不健康だ、というイメージってありませんか?

しかし、仕事などで忙しかったり、あるいは一人暮らしで家族が食事を作ってくれなかったりすると、どうしても外食が多くなってしまうのではないでしょうか?

私も単身赴任でずっと1人暮らしをしていますが、どうしても外食やコンビニ弁当、出来合いの総菜などが多くなってしまいます。

そんな食生活を何年も続けていたら、なんだか疲れやすくなりましたし、病気にもなりやすくなってしまいました。

「もう歳だから、しょうがないのかなぁ?」
なんて考えていたんですが、のちに食生活に大きな問題があることがわかったんです。

それで、食生活を変えただけで、かなり体調が良くなったんですよ。

 

50th_kaidan_man2

 

では、毎日外食しているとなぜ健康に悪いのか、そして、何か対策はないのか、私自身の経験を踏まえて紹介します。

 

外食を毎日していると不健康なワケとは?

 

外食が不健康だと言われている理由はいろいろあります。

ただ、その中には不必要に不安を煽っているものも多いので、全てを真に受けないほうがいいかな、なんて思っています。

20年以上前に、「平均寿命が40年弱になる」というような本が発売されました。

農薬や添加物のせいで平均寿命が縮む、という内容の本でした。

しかし、それから20年たった今でも、その本に書いてあったことに反して寿命は伸び続けています。

これは、その本が不必要に不安を煽っていただけですね。

恐らく、本の売り上げを伸ばしたかったために、かなり誇張したんだと思います。

 

そういった誇張、不必要な不安を煽るような事は無視するとして、

私自身が実感したことは、外食が多くなると、脂質と糖質を摂りすぎてしまい、野菜が少なくなる傾向があるから、健康に良くないんだろう、と思います。

 

外食をした時、肉類、揚げ物などが多くないですか?

そういったものを食べていると、どうしても脂質が多くなりますよね。

そして、定食屋のご飯(白米)がちょっと多いと思いませんか?

コンビニの弁当もご飯が多いですよね。

そして、ラーメンやうどん、そば、パスタなど、糖質が多くなることもありますよね。

 

そして、外食だと野菜の食べる量が少なくまりませんか?

とんかつ屋だと、お店によってはキャベツが山盛りになっています。

ただ、多くのとんかつ屋はそれほど山盛りにもなっていませんし、それ以外だと、野菜がほんの少ししかない、ということが多いですよね。

最近は、野菜が多いメニューが以前よりも増えましたが、それでも、まだまだ少ないですね。

 

そして、外食だと緑黄色野菜を摂るのが非常に難しいです。

最低でも1日約120gの緑黄色野菜を食べることが推奨されていますが、外食だとそれだけの量の緑黄色野菜を食べるのはかなり難しいと思います。

私が時々行っている定食屋には、ほうれん草のおひたしだけですね。

あとは、野菜炒めの中に、にんじんが数きれ入っていたりはしますけどね。

 

外食をする際にかなり気を付ければ、ひょっとしてこれらのことを避けることができるかもしれません。

ただ、少々気を付けているだけでは、脂質、糖質が多くなり、野菜が不足してしまうでしょう。

 

外食・コンビニ弁当・出来合いの総菜で健康的になるには?

 

「外食は不健康だ!」と言われていますが、それでもなんとか不健康にならないようにすることは不可能でもありません。

 

私の場合、とりあえず野菜不足を解消したことで、あまり疲れにくくなり、病気にもならなくなりました。

糖質と脂質の摂る量は、以前とそれほど変わっていません。

それなのに、野菜不足を解消しただけで、かなり体が軽くなり、健康的になりましたよ。

糖質と脂質を減らせば、もっと健康的になれると思いますが、それは私にとっては難しいですね。

 

外食が多い場合の野菜不足を解消するポイントは、別のページで紹介しました。

興味があればそちらをご覧ください。

 外食ばかりだと野菜不足が心配!忙しいあなたの野菜不足対策!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)