インフルエンザ予防に食物繊維が効果的ってホント?


インフルエンザ予防に食物繊維が効果的だ、ということを聞いたことがありませんか?

食物繊維といえば、腸の調子を良くして便秘などを解消する効果があることで知られていますね。

その食物繊維に、なんと、インフルエンザを予防する効果がある、ということなんです!

 

そこで、ここでは食物繊維のインフルエンザ予防効果を紹介します。

 

job_eiyoushi

食物繊維のインフルエンザ予防効果

 

食物繊維は腸の調子を良くすることで知られていますよね。

それで、インフルエンザに限らず、あらゆる病気を予防するのに腸は非常に重要なんです。

「心と体の健康を守り、長寿を実現するための、司令塔は脳ではなく腸である。」ということがある本に書かれていたんですが、それくらい腸は大切なんです。

腸の調子を良くしたことで、大病が治ったり、あるいは病気がちだったのが改善されたり、という話があるくらいです。

実際、私も腸の調子を良くしたことで、病気にならなくなったんですよ!

 

腸と病気のことについて話をしたらきりがないんですが、ここではインフルエンザ予防に絞って要点だけを挙げていきます。

食物繊維がインフルエンザの予防になる理由は以下の通りです。

 

 免疫細胞

体の免疫細胞の6割が腸にある、と言われています。

それで、腸の調子が悪くなると免疫細胞が正常に働かなくなるので、インフルエンザウイルスを退治できなくなる、とされています。

ですから、食物繊維を摂って腸の調子を良くすることで、免疫細胞が正常に働きインフルエンザウイルスを退治できるようになります。

 

 栄養の吸収

インフルエンザを予防するには、各種ビタミン、ミネラル、たんぱく質、糖質など、ありとあらゆる栄養素が必要になります。

しかし、腸の調子が悪くなると、それらの栄養素を充分に腸から吸収できなくなります。

そうなったら、インフルエンザを退治できなくなります。

食物繊維を摂って腸の調子が良くなれば、栄養をきちんと吸収することができるようになるので、インフルエンザを予防することができます。

 

 デトックス

体内で毒素が一番たくさんたまっているのが腸だと言われています。

食べ物には、農薬や添加物など毒素も含まれています。

その毒素は一度腸にためられ、便とともに体外に排出されます。

しかし、腸の調子が悪くなって便秘になると、腸の長時間毒素がとどまることになります。

そうすると、毒素が血液によって全身に送られてしまいます。

そうなると、あらゆる体内器官が正常に働かなくなるわけです。

すると、インフルエンザウイルスを退治することもできなくなりますよね。

食物繊維を摂って腸の調子を良くすれば、腸内の毒素を体外に排出することができるようになりますので、インフルエンザの予防になる、ということです。

 

腸の調子が悪いと、どれだけインフルエンザに効果があるものを摂っても、吸収できないわけですから意味がない、ということになりますよね。

ですから、インフルエンザを予防するために、腸の調子を良くすることを優先的に行う必要がある、ということになりますね。

 

食物繊維と乳酸菌の整腸作用の違い

 

腸の調子を良くする効果があるものとして「乳酸菌」を思い浮かべる人も多いと思います。

 

乳酸菌は腸内の悪玉菌を減らし、腸の調子を良くすることで知られていますね。

 

それに対して食物繊維は、善玉菌のエサになるので善玉菌を増やす作用があるほか、腸を適度に刺激して活発に働くよう作用したり、便に水分を与えて柔らかくし排便をスムーズにする働きがあります。

乳酸菌には、腸を刺激したり便を柔らかくしたりする働きはありません。

 

ということは、食物繊維のほうが腸に対してたくさん作用するわけですから、乳酸菌よりも食物繊維のほうが整腸作用がある、ということが言えますよね。

実際に私の周りで、食物繊維をたくさん摂るようにしたら便秘を解消した、という人が何人かはいますが、乳酸菌をたくさん摂ったら便秘を解消した、という人はいません。

そういったことを考えても、乳酸菌よりも食物繊維のほうが整腸作用は高い、と言えるでしょう。

食物繊維と乳酸菌の両方摂ったほうがいい、とは言われていますけどね。

 

インフルエンザに感染したら食物繊維を摂ったほうがいい?

 

インフルエンザの予防に食物繊維は効果的です。

では、インフルエンザに感染したら、食物繊維を摂ると早く治ったりするのでしょうか?

 

インフルエンザに感染したら、食物繊維はあまりとらないほうがいい、とされています。

インフルエンザになると腸の働きが鈍くなりますが、食物繊維の刺激が弱った腸にとっては非常に大きな負担になる、とされています。

ですから、食物繊維はあまり摂らないほうがいい、とされているのです。

 

食物繊維は、インフルエンザの予防にはなるけど、治療にはならない、ということになります。

だからといって、インフルエンザに感染したら食物繊維が良くないからといって、極端に食物繊維を避ける必要はないと思いますけどね。

 

インフルエンザを予防する食事とは?

 

インフルエンザを予防するには、免疫力を高めることが大切ですね。

免疫力を高める食事に関しては、別のページでも紹介しています。

そちらでは、食物繊維を手軽に摂る方法も紹介しています。

興味があれば、そちらをご覧ください。

 免疫力を高める食事とは?

 

inhuruyobou

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)