ドライマウスに水分補給をすると効果的ってホント?


 

最近「ドライマウス」という言葉をよく耳にするようになりましたね。

ドライマウスとは、唾液が分泌量が少ないせいで口の中が乾いていることが多い症状ですね。

それによって、口臭がひどくなったり、あるいは虫歯や歯周病がひどくなったりします。

ですから、できるだけ早く改善したいですよね。

 

ところで、ドライマウスになったら、水分補給をしっかりしたほうがいい、と言われます。

では、水分補給をすればドライマウスを改善することができるのでしょうか?

 

doctor

 

ドライマウス改善に水分補給は効果的?

 

ドライマウスになったら、水分補給するようにしたほうがいいのは確かです。

口の中の乾きを一時的にですが緩和してくれます。

そうすることで、口の中やのどなどを守ることができます。

口臭も抑えられますし、虫歯や歯周病菌の繁殖も抑えることができます。

 

そして、ドライマウスの原因のひとつに水分不足があります。

ですから、普段水分補給をしっかりしていないのであれば、水分補給をしっかりすることで唾液が分泌されるようになって、ドライマウスが改善されることがあります。

 

ただし、ドライマウスの原因は、水分不足だけが原因ではありません。

他にもたくさんの原因があります。

 

それで、ドライマウスの原因にきちんと対処しなければ、唾液が分泌されにくい状態が続いてしまいます

つまり、ドライマウスの原因を取り除かないと、口が乾きやすい状態は続いてしまうんです。

また、寝ているときは口の乾きがひどくなるんですが、寝る前に水分補給をすると、寝ているときにトイレに行く回数が増えます。

また、寝ている間に水分補給しないといけない、なんてことになりかねません。

そうなったら、睡眠の質が悪くなりますので、体調を崩しやすくなります。

 

ですから、ドライマウスになったら、その原因を解消するようにすることの方が大切ですよ。

 

ドライマウスで水分補給が悪いと言っているわけではありません。

口が乾かないようにこまめに水分補給することはとても大切です。

それと同時に、ドライマウスの原因を取り除くことも、非常に大切ですよ。

 

ドライマウスの原因

 

ドライマウスの原因は、

・食事の時、噛む回数が少ない、噛む力が弱い
・ストレス
・口呼吸
・アルコールの飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎ
・加齢
・薬の副作用、病気(糖尿病とシェーグレン症候群など)
・水分不足

などです。

 

この中で、薬の副作用と病気が原因である場合は、お医者さんと相談する必要があります。

それ以外は、お医者さんはどうすることもできず、自分で何とかするしかありませんね。

 

ストレスは避けることができないと思いますので、発散することを考えたほうがいいです。

忙しいと思いますが、なんとか時間を見つけてストレスを発散したほうがいいです。

それ以外のドライマウスの原因も、なかなか改善が難しいものばかりですが、できることから少しずつ行うことによって、少しずつでもドライマウスを改善することができるでしょう。

 

ドライマウスの時の水分補給の注意点

 

ドライマウスは、水分不足が原因であることを除いて、水分補給をしても唾液の分泌を促すことはありません。

口の乾きを一時的に緩和するだけです。

ですから、水分を補っても、またすぐに口が乾きます。

一度にたくさん飲めば長時間口が乾かなくなる、ということはありません。

ですから、水分補給はこまめに行うことが大切になります。

口の乾きを感じたら、乾きを解消できる程度に水分を補給する、そして再び口が乾いたら少量の水分補給をする、というのを繰り返すことが大切ですよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)