ヨーグルトの食べ過ぎで腹痛が!?知らなきゃ損する健康法!


 

ヨーグルトを食べすぎておなかが痛くなったことってありませんか?

私はヨーグルトが好きなのでよく食べますが、食べ過ぎで腹痛になったことが何回かあります。

「お腹に良いはずのヨーグルトでなぜ腹痛に?」
と、あなたは疑問に思いませんでしたか?

 

そこで、ここではヨーグルトを食べすぎると腹痛になる理由と、健康的なヨーグルトの食べ方を紹介します。

 

food_yogurt

 

ヨーグルトを食べすぎると腹痛になる理由

 

ヨーグルトを食べすぎると腹痛になる主な理由は以下の2つです。

 

 お腹を冷やす

ヨーグルトは冷やして食べますよね。

冷たいヨーグルトをたくさん食べるとおなかを冷やします。

それで、腹痛になります。

冷たい水などを飲み過ぎたり、かき氷など冷たいものを食べ過ぎたときにお腹が痛くなるのと同じです。

 

 乳糖

牛乳を飲むとおなかがゴロゴロして痛くなる人がいますよね。

それは、牛乳に含まれている乳糖を腸で分解することができないからです。

それで、牛乳を発酵してヨーグルトを作る時に、乳糖は分解されるのであまり含まれていないと言われています。

ただ、ゼロではなく、多少は残っています。

ですから、ヨーグルトを食べすぎると乳糖をたくさん摂ってしまうので、腹痛になることがあります。

 

ちなみに、私は「ヨーグルトを食べすぎると乳酸菌をたくさん摂りすぎるので、お腹が痛くなるのではないか?」なんて考えていた時があります。

ただ、ヨーグルトの乳酸菌は基本的に胃で死んでしまうので、それはあり得ない、ということですよ。

仮に生きたまま腸に届いたとしても、乳酸菌が腸で増えすぎて腹痛にはなるはずはない、ということです。

 

ヨーグルトの健康的な食べ方

 

ヨーグルトを食べすぎると腹痛になることがありますが、基本的にヨーグルトは健康的な食べ物です。

ですから、積極的に食べたほうがいいです。

 

ちなみに、上で触れたとおり、基本的に乳酸菌は腸に届く前に死んでしまいますが、死んだ乳酸菌は善玉菌のエサになりますので、腸の調子を良くするのに有効です。

また、生きたまま腸まで届く乳酸菌入りのヨーグルトが売られていますが、実は人間の腸では働くことはなく、腸の中で死んでから善玉菌のエサになるのではないか、ということが明らかになっています。

ですから、生きたまま腸に届く乳酸菌を摂っても、途中で死んでしまう乳酸菌を摂っても、結局は同じなのかもしれないので、わざわざ生きたまま腸に届く乳酸菌を摂っても意味がないかもしれませんね。

 

さて、ヨーグルトの健康的な食べ方ですが、食べる量は1日200gで充分です。

それ以上食べても意味がない、と言われています。

 

そして、腸が冷えぎみであれば、ヨーグルトを温めて食べるといいでしょう。

ヨーグルトを適量容器に入れ、ラップをして、電子レンジで温めればOKです。

ヨーグルト100gなら600wで1分くらい温めるといいでしょう。

ヨーグルトを温めるのは、腸への負担を減らすだけなので、体温以上の温度になっていれば大丈夫です。

ですから、どれだけの時間温めるかは様子を見ながら調節するといいですよ。

 

どれだけ健康的な食べ物でも、食べ過ぎると逆によくありません。

適量食べる、ということも大切ですよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)