高血圧だと日中眠くなる!?その原因と対処法!


 

高血圧の症状はさまざまですが、その一つに「眠気」があります。

高血圧が原因で日中眠くなったりもするのです。

 

そこで、ここでは高血圧が原因で日中眠くなる原因と対処法を紹介します。

 

doctor

高血圧だと日中眠くなる原因

 

まず、高血圧だと睡眠の質が悪くなる傾向があります

正常であれば、夜眠るときは血圧が下がり、日中は血圧が高くなります。

夜は血圧を下げることによって心身をリラックスさせるわけですね。

しかし、高血圧で夜になっても血圧が下がらないと、体をリラックスすることができません。

そうなると、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなったり、睡眠の質が悪くなってしまうわけですね。

睡眠の質が悪くなれば、日中眠くなりますよね。

 

血圧があまりにも高すぎると、日中眠くならないかもしれません。

しかし、普通に血圧が高い場合は、完全に眠れなくなるほど体がリラックスしない、ということはないので、眠くなることはありますよ。

 

高血圧で日中眠い時の対処法

 

高血圧で日中眠くなる原因は、ようは寝不足です。

それで、寝不足で眠い時は、コーヒーなどを飲んだり、体を動かしたりして眠気を覚ましますよね。

それらと同じことをすることで、なんとか目を覚ますことはできます。

血圧が高くなるものを使わないようにする必要はありますが、目を覚ます方法の多くは血圧が高くなりませんので、実践してみるといいですよ。

塩分を舐めて眠気を覚ます人がいるのかどうか私にはわかりませんが、もしそういう人がいたら、これはやめて下さい。

塩分は血圧が高くなる大きな原因になります。

 

ちなみに私がよくするのは、耳のマッサージです。

耳をマッサージすると頭への血液の流れが良くなるそうですが、耳をもんだりひっぱたりしていると眠気が覚めますので、これはおすすめですよ。

日中の眠気を覚ます方法は別のページで紹介しました。

参考ページ:仕事中の眠気を覚ますには?

 

ただ、これらのことをして眠気を覚ましても、眠りの質を良くしない限り、いつまでも眠気が襲ってきます。

ですから、一時的に眠気を覚ますのもいいんですが、眠りの質を良くすることも考える必要がありますよ。

 

眠りの質を良くするために、寝る前にリラックスする音楽を聴いたり、アロマをしたり、いろいろな方法があります。

それらのことをすることで、多少は睡眠の質が良くなるかもしれません。

ただ、血圧が下がらない事には、睡眠の質を良くすることはなかなかできません

 

日々、血圧を下げるためにさまざまな努力をしていると思いますが、今一度日常生活を見直して、少しでも血圧を下げる努力を怠らないようにすることが大切ですよ。

 

血圧を下げるには、早寝早起き、ストレス発散、適度な運動、栄養バランスのとれた食事が大切ですよね。

その中で、高血圧の食事について別のページで紹介しています。

興味があれば、そちらをご覧ください。

 野菜不足が原因で高血圧に!?アレで簡単に野菜不足解消!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)