アルコールを飲むと血圧は上がる?それとも下がる?


 

「アルコールを飲むと血圧が下がる!」
というのを聞いたことはありませんか?

私の知り合いで高血圧の治療をしている人がいるんですが、そのことを鵜呑みにして毎晩お酒を飲み続けていました。

お酒好きな人がこういう話を聞くと、喜んでお酒を飲むようになるのではないでしょうか?

 

ただ、こういう話を聞くと、
「いくらなんでもお酒を飲み過ぎるのは良くないのでは…!?」
という疑問を持ちませんか?

 

そこで、ここではアルコールを飲むと血圧が上がるのか、それとも下がるのか、紹介します。

 

monshin_doctor_serious

 

アルコールを飲むと血圧は上がる?それとも下がる?

 

まず、血圧が高くなるメカニズムを簡単に紹介します。

血圧は、血液の流れが悪くなると高くなり、血液の流れが良くなると下がります

血液の流れが悪くなると、全身に血液を送るのに高い圧力が必要になりますね。

だから、血圧が上がるわけです。

逆に血液の流れが良くなると、圧力を高くしなくても全身に血液が流れますよね。

だから、血圧が下がります。

 

それでアルコールと血圧の関係ですが、アルコールを飲んだ直後は、血圧が下がります

これは、アルコールを飲むと血管が広がるので血液が流れやすくなるからです。

 

しかし、アルコールを飲み終わってからしばらく時間がたつと、血圧は高くなります

アルコールを飲んだ直後に広がった血管は、その反動で縮んでしまいます。

それで、血管が細くなってしまい、血液が流れにくくなるからです。

 

ということは、結局はアルコールは血圧を上げる、ということになりますね。

 

ちなみに、私はアルコールを飲んだ次の日に血圧を測ると、上がっていることが多いです。

普段は上が110mmHg代なんですが、アルコールを飲んだ次の日はだいたい120mmHg代になっています。

ちなみに、いつも夕方に測っているんですが、もし午前中に測ったらひょっとしたら130mmHg代になっているかもしれないですよね。

まあ、私はアルコールを大量に飲んだ次の日の午前中は二日酔いで寝てますので、血圧は測れませんけどね(;^_^)

 

また、アルコールは血液に含まれる脂質(中性脂肪や悪玉コレステロールなど)を増やします。

血液中の脂質が多い状態が続くと、動脈硬化になりやすくなりますよね。

そして、動脈硬化になると血圧が高くなりますよね。

ですから、アルコールを飲み続けると、血圧を上げる要因がさらに増える、ということになります。

 

実際に、私の周りで、お酒をよく飲む人は血圧が高めの人が多いです。

ちなみに冒頭で紹介した、高血圧治療をしている私の知り合いは、お酒を飲む量を増やしたら血圧がさらに上がってしまいました。

お酒の飲む量を増やした、と医者に言ったら、怒られた、なんて言っていましたけどね。

そういったことを考えても、アルコールは血圧を高くする大きな要因になる、と考えていいでしょう。

 

アルコールの摂取量が適量なら、血圧を下げ、血液中の脂質を減らす、と言われています。

1日のアルコール摂取量の適量は、男性は20ml~30ml、女性は10ml~20mlとされています。

ちなみに、ビール500ml飲むとにアルコールを25ml摂ったことになりますね。

 

ただ実際に、ビールを500mlのロング缶1本飲むと、もう少し飲みたくなるでしょうし、そこで止めるのはなかなか我慢もできないと思います。

そういったことを考えると、血圧高めであれば、アルコールは飲まないほうがいいでしょう。

 

関連記事:野菜不足が原因で高血圧に!?アレで簡単に野菜不足解消!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)